座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

ピアノが上手になる近道は正しい指使いも大切です!

   

7月に入会下さったTさんは、イケメンの社会人の男性!

Tさんご自身の弾きたい曲をレッスンさせて頂いています。

この曲は、3つの音を同時に鳴らす和音の多い曲ですので

今日は、ピアノ曲をスムーズに弾ける指使いの大切さを「和音の弾き方」によってお伝えしたいと思います。

 

たかが3つの和音!

されど3つの和音!

いくつかの音を同時に鳴らす和音!

これだけですと一見簡単なように感じてしまいませんか?

けれど、和音を上手に弾く事は言葉だけでは言い尽くせない難しさがあるのです。

ピアノ初心者の多くの方は、2つの和音を弾く事だけでもとても大変なのです。

その上、いくつ音があってもばらつく事なく揃った音で聴こえなくてはいけません。

それにも関わらず、まだ3回のレッスンの上 全くのピアノの初心者であるTさん!

最初から3つの和音を鳴らせる事に驚かされました。

ただ、初心者が和音を弾こうとすると

和音の音が変わる度に一つ一つの音を確認しながら弾こうとしがちです。

ですから、一つの和音を弾くことが出来ても和音の音が変わる度に止まってしまいスムーズに弾く事が出来ないのです。

ここで、スムーズにピアノを弾く為に指使いが大切になってきます。

ピアノでは、指番号というものがあって右手も左手も「親指は1」「人差し指は2」「中指は3」「薬指は4」「小指は5」とされていて

多くの楽譜に記入されています。

どれも意味合いがあって記入されています。(ただ、ひとりひとりの手の大きさや形もありますのでたまには変えることもありますが!)

例えば、右手で1、3、5,の指でドミソ弾いたとします。

その後に同じ右手で1,3,5,の指でレソシと楽譜に記入されていたとします。

まず、この場合ド、ミ、ソの和音とレ、ソ、シの和音を同じ指の幅のまま、同じ指番号のまま「1の親指」を隣のレに載せて弾くだけでスムーズに弾く事が出来ますよね!

ただ、これも「前の音」「これから弾く音」によってそれぞれベストな指使いというものがあります。

取り敢えずピアノ初心者は、初心者だからこそ楽譜の指番号を出来るだけ忠実に弾かれる事をお勧めします。

指番号とはピアノを弾く上でのあくまで、ある程度の目安です。

忠実に弾かれていくうちに自分自身で「何故この指が良いのか?」「自分にはこの指使いは合わない」などと分かるようになるあなたは、もうかなりピアノが上手に弾かれているはずです。

これからピアノを習われる小さなお子様~大人の生徒さんすべての皆さんが、大好きな憧れの曲を将来上手に弾けるようになるために指番号を大切に思ってレッスンや練習をして頂けたら幸せです。

もちろん講師の私も

生徒の皆さんにお伝えして

指導させて頂く事を大事な事と思いレッスンさせて頂きますね!

 

クラビアートピアノ教室       講師     田原礼子

 

 

 

 - ピアノ練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ブラインドタッチでピアノを弾ける為のレッスン方法

まず、ブラインドタッチのレッスン方法の前に余談をさせて下さい。 社会人のMさん …

座間市クラビアートピアノ教室の考える夏休みピアノ練習❗️

幼稚園や学校が夏休みに入ってもう2週間も経ったのですね。 どの子供たちも、ご両親 …

速いパッセージをピアノで美しく弾くために

ピアノを始めて2年あまりのAちゃんは、とても小柄な女の子。  とても頑張り屋さん …

ピアノ曲を仕上げる為に大事な練習方法を教えます。

ピアノの練習を皆さんは、どのように行っていますか? また、練習をしっかりしている …

でも安心して下さい!(誰にでもピアノ曲が仕上がったように感じた時に大きな落とし穴があります。)

先生この曲発表会までに間に合わないかもしれない! 社会人のAさんは、レッスンが始 …

ピアノ発表会での演奏を一番良い演奏のピークに持っていく為のレッスン方法  

ピアノの練習で大事な要素はたくさんありますが、 演奏する曲を練習する時は、初めて …

ピアノを弾くまえに

楽譜を読む=ソルフェージュ(何の音がどんなリズムで、書かれているかという事)を勉 …

子供達がピアノを美しい音で弾く為のレッスン方法!

殆どの幼いお子様は達は、まだ指の力が弱く柔らかい為 鍵盤を指を振り上げて叩いたり …

効果的な練習時間は長い、短いどっちがいいの?

ピアノを弾くのは好きだけど 練習は嫌いというお子様 多いですよね! そこで、練習 …

ピアノ演奏の為の靴選びが大事な理由

今日は娘の演奏会用の靴を購入の為久しぶりに親子水入らずでお買い物をしてきました。 …