座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

お子様が美しく柔らかい音色でピアノを弾くための4つの方法!

   

ももちゃんの今年の発表会の曲は表情豊かに柔らかい音色で弾かなければなりません。

おまけにペダリングも結構難しいんですが、ペダルも始めて使用します。IMG_0249.JPG

でも、あえてこの曲を選びました。

どうしてですかって?

クラビアートピアノ教室の目指す「美しい音を楽しめる」ようになる為に、そろそろ一番良い時期だと考えたからです。

芯のあるしっかりした音が出せるようにならなければ「柔らかい音色」は出せません。

そういうと不思議?

と思われる方が多いのではないでしょうか?

初心者が「柔らかい音色」を出そうとすると鍵盤の底までしっかり打鍵せず、打鍵を底まで行く前に鍵盤を上げてしまいがちです。

これでは「柔らかい音色」ではなく、音がこもって美しい音を響かせる事は絶対に出来ません。

ですから、まだ指の弱いピアノ初心者のお子様方ではこの音色を出せるようになる為に芯のあるしっかりした音をだせるようなレッスンや練習がとても大切なんです。

さあ、ここからです。

ももちゃんは、ようやく気をつければ「芯のある音」を出せるようになってきました。

ですから、「芯のある音」で弾くことのの大事さを今わかってもらえるチャンスだと思い選曲しました。

長い期間ピアノを習われてかなり上手に弾かれるようになったある程度の年齢の生徒さんでしたら、自分自身で感じる感情移入やペダルの高度な操作などでいろいろな「柔らかい音色」をつくり上げることができます。

ただやっとペダルを踏めるようになった殆どのお子様方にそこまで求めるのは酷ですし、一番大事な美しい音を楽しむどころではなくなってしまいます。

そこでお子様でも美しい柔らかい音色をだせる4つの方法を教えます。

1:正しい指と手の形に気をつけて芯のあるしっかりとした音をだす練習をすることでバランスの良い粒の揃った音をだせるようにする。

2:正しい姿勢と上体の動きを利用する。

3:正しいペダルの踏み方をしっかり指導する。

4:打鍵(ピアノの鍵盤を叩く)の速さの使い方をマスターさせる。

ピアノ指導者は、以上4つの事を心掛けてレッスンを行なう事が大切だと思います。

この4つのポイントをマスターさせる事が出来ればどのお子様も「美しく柔らかい音色」を奏でることが出来ることでしょう!

ももちゃん  頑張りましょうね~♥

 

クラビアートピアノ教室  講師  田原礼子

 

 

 

 

 

 - ピアノ練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノのトリルについて

ピアノの楽譜には「トリルと装飾音」を違った記号で区別して書かれていますが、実は「 …

ピアノの音色作りが出来るようになると更に楽しい!

ピアノを習い始めたばかりの頃は誰でも、音符がスラスラ読めて両手で弾けるようになれ …

もうすぐワインパーテイ~ピアノ演奏が間に合わないのではと心配されるお忙しい社会人のMさんにコード奏法指導で対応

浮かない顔でレッスンにおいでになった社会人のMさんお忙しくてなかなか練習できない …

ブラインドタッチを習得すると、どんどんピアノが上達します。

「ブラインドタッチ」とは、楽譜を目で追いながら鍵盤を見ないで弾く事です。 ピアノ …

ピアノレッスンでウィンナーワルツとワルツの違いを!

ピアノ発表会でRちゃんは、ウィンナーワルツを演奏する事になりました。 何曲かチョ …

ピアノ演奏のペダルの効果的な使い方を教えます。

ピアノの足元には、3本のペダルがあります。 ピアノには、グランドピアノとアップラ …

ピアノ演奏の上達に繋がるCDの聴き方

CD 現代に於いては皆さんが大好きな曲を気軽に聴ける無くてはならないものですね。 …

冬休みのピアノ練習楽しくやろうね!

もうすぐ、こども達にとつて嬉しい冬休みがやってきますね〜🎶 でも、不思議? 学校 …

ピアノで幼児期に絶対音感をつけるとメリットがいっぱい!

絶対音感とは、聞こえてきた音を(私達日本人が「あいうえお」を聞くのと同じくらい自 …

ピアノ楽譜「ハノン」効果的な使い方

ピアノに限らず何かを行なう場合、準備する事は大切です。 特にスポーツなどは、準備 …