座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

優しい音色で始まるピアノ曲の弾き方

      2017/06/04

 

優しい音色で始まる弾く為の3つの方法

1:正しい鍵盤の叩き方をマスターする

優しい音色というと弱い音と勘違いしやすいと思います。

優しい音と弱い音とは、全く違います。

その原因は、ピアノの基本である鍵盤へのタッチ方法を正しくマスター出来ていない事です。

強い音も弱い音も鍵盤の底まで叩かなければいけません。

しかし、ただ底まで叩いていれば良いものでもありません。

ピアノ初心者の多くの勘違いは

強い音はやみくもに叩きつけたり、弱い音というと鍵盤の底まで叩いていない事が多いのです。

そのような弾き方をすると強い音は、われた汚い音に!

弱い音は、こもった音になってしまい綺麗に響く事ができません。

では、どうしたら良いでしょう?

強い音も弱い音も指を鍵盤に置いたまま鍵盤の底に向かってしっかり叩くことです。

決して指を振り上げて弾いてはいけません。

では、強弱はどうやってつけるか疑問を持たれるますよね!

ピアノの底はどのピアノもそのピアノ事に決まっています。

ですから、意識の上で強い音はピアノの底の3cm下

弱い音は、1cm下などと思って弾く事です。

ようするに、しっかりしたタッチで弾ける事は、ピアノを弾く上で最も大事な基本と言うことです。

2:呼吸法を使う

優しい音色に呼吸?

不思議に思う方多いかもしれません。

でも、呼吸法とはピアノを弾く上で色々な使い方がある大事な要素のひとつです。

その中でも今回は、優しい音色で始める為の呼吸法を紹介したいと思います。

最初の音を出す直前に息を吸い、音を出すと同時にゆっくりと息を吐きます。

この「ゆっくり息を吐く」事が優しい音色で始めるとても大事な呼吸法となります。

3:打鍵の速さでコントロールする

上記の「1の正しい鍵盤の叩き方」と「2の呼吸法」をマスターした上で打鍵の速さをコントロール出来る事が大切となります。

打鍵の速さをを言葉だけで説明することは、とても難しいですが

あえて言うとすれば、ゆっくりの打鍵の速さは、「ぽ~~~~~ん 」  速い打鍵は、素早く「ぽん」でしょうか!

なんだか凄く抽象的な表現でしかお伝え出来ないもどかしさがありますが、

とりあえず、試してみて頂き分かって頂けた方が一人でも多くの方の助けになれたらと思います。

クラビアートピアノ教室    講師   田原礼子

 

 - ピアノ練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノ曲の速いパッセージを楽に弾けるようになる為に!

ピアノで速いパッセージを美しく弾く姿に憧れを抱いているこども達多いですよね! そ …

ピアノ発表会での演奏を一番良い演奏のピークに持っていく為のレッスン方法  

ピアノの練習で大事な要素はたくさんありますが、 演奏する曲を練習する時は、初めて …

練習をしない生徒に取り入れたいレッスン

ピアノを習いに入会される生徒さんは、皆さんが初めてと言う方ばかりではありません。 …

テクニックを付ける為のピアノの練習

今日は、幼児のピアノレッスンと切り分けてのお話しをさせて頂きたいと思います。 ま …

ピアノで速いパッセージを美しく弾ける為の練習方法!

殆どの子供達の憧れは、速い曲を弾けるようになる事! 長い講師歴の中で、モーツァル …

ピアノ曲を仕上げる為に大事な練習方法を教えます。

ピアノの練習を皆さんは、どのように行っていますか? また、練習をしっかりしている …

ピアノ楽譜「ハノン」効果的な使い方

ピアノに限らず何かを行なう場合、準備する事は大切です。 特にスポーツなどは、準備 …

メロディーには、拍子感が大切!

楽譜には拍子(4分の4拍子、4分3拍子、4分の2拍子etc)というものがあります …

幼いこども達とのレッスングッズ あれや〜これ!

今日はこども達と一緒に使っている レッスングッズをご紹介したいと思います。 私な …

ピアノ上達の為のYOUTUBEの聴き方

始めに、これからお話する内容は、ピアノ初心者のお話ではなく、ある程度のレベルに達 …