座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

小さなお子様は、補助台(足台)を使ってピアノを弾く事が大切な理由

   

小さなお子様は、ピアノの椅子に座って床に足がつかず、

そのままですと当然足はブラブラ状態になってしまいます。

この状態でピアノを弾いていると後々ピアノの上達の大きな弊害となってしまいます。

なぜ? 補助台(足台)が必要なのか考えてみましょう。

 

ピアノの上達には、正しい座り方や姿勢が大切!

1:芯のあるしっかりとした音を出せるようになる!

ピアノの上達には、まず必ず出来るようにならなければならない弾き方があります。

それは、芯のあるしっかりとした音が出せるようになること。

ここで、勘違いしてほしくないことがあります。

乱暴に大きな音を出すことではないのです。

しっかりとした音でありながら美しい音が出せるようになると言う事です。

その為にピアノの椅子の座り方が大事なのです。

ピアノの座り方は、通常の背もたれに寄りかかった座り方と全く違います。

浅く座る事が基本となります。

芯のある音をだす為には指、手、腕、更には自分の体の重さを利用しての弾き方を学ぶ事が大切です。

けれど、足が付いていなければ体のすべての部分を支えることが出来ませんので

当然この様な弾き方をする事は、難しいと思います。

一方、踏み台を使用することで早い時期より無駄な力を使わないで芯のある音をだせるメリットがあります。

ピアノの上達と共に演奏時間が長くなっても

体を傷めるリスクも少なくなると思います。

2:将来に向けての表現力に大きく関わってきます。

ピアノに限らず「音楽」=「芸術」です。

人間一人ひとりがそれぞれの心で奏でられる

表現やその為に行なう音色の変化などは、正しい座り方と正しい姿勢からうまれてきます。

座り方からの重心の使い方、基本的な姿勢を知った上でこれらの動きを駆使することで

表現力や音色を作り出すことが出来るようになります。

ピアノの上達と共に「座り方」と「姿勢」の大切さを自分自身で必ず気がつく日が来ると私は考えます。

その時に初めてその事を気が付いて修正すると言うことは、ピアノに限らず大変なことです。

小さな頃から自然に身に付いている事は、絶対に裏切りません。

表現力や音色の変化を自由操ることが出来るようになる為の基本を身に付ける為に

小さなお子様は、踏み台を(足代)を使って弾かれる事をお勧めします。

 

ただし、踏み台を使用される時期は、限られています。

ご家庭では、本などを重ねてしっかりとした踏み台を作るなどの工夫をしても良いかと思います。

もちろん  本物の踏み台の良さはありますのでご購入をなさりたい方は、購入して頂ければ良いと思います。

 

クラビアートピアノ教室    講師   田原礼子

 

 

 

 

 

 

 

 - ピアノ練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

テクニックを付ける為のピアノの練習

今日は、幼児のピアノレッスンと切り分けてのお話しをさせて頂きたいと思います。 ま …

ピアノのトリルについて

ピアノの楽譜には「トリルと装飾音」を違った記号で区別して書かれていますが、実は「 …

小さなお子様がピアノのレガート奏法をマスターする為に!

昨年末に入会下さったAYちゃん まだ、レッスン3回目にも関わらず「ピアノドリーム …

楽しみながらすべての音符を1分以内で読めるようにする方法

1分以内で?  そんな事無理でしょ!と思われる方多くありませんか? こども達の殆 …

楽譜を本を読んでいるようにすらすら読めるようになるとピアノはもっと楽しくなります!

本を楽しく読む為には、正しく文字を読めることが必要です。 同じようにピアノを楽し …

ピアノの上達には正しい筋肉の付け方も大切です。

ピアノに筋肉? スポーツなどのトレーニングじゃないのに? な〜んて 思われる方も …

ピアノ曲の速いパッセージを楽に弾けるようになる為に!

ピアノで速いパッセージを美しく弾く姿に憧れを抱いているこども達多いですよね! そ …

子供達がピアノを美しい音で弾く為のレッスン方法!

殆どの幼いお子様は達は、まだ指の力が弱く柔らかい為 鍵盤を指を振り上げて叩いたり …

ピアノで幼児期に絶対音感をつけるとメリットがいっぱい!

絶対音感とは、聞こえてきた音を(私達日本人が「あいうえお」を聞くのと同じくらい自 …

子供達のピアノの上達に必要な3つ練習方法

好きな曲を弾きたい! でも、練習曲を弾くのは嫌! と思う子供達が多いですよね~ …