座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

ピアノ曲「子犬のワルツ」でショパンの装飾音の魅力を!

      2018/02/27

小学3年生のSちゃんは、今年に入って始めてのレッスンでの最初の言葉は?

「先生 発表会で子犬のワルツを弾きたい!」でした。

「子犬のワルツ」は、多くの子供達の憧れの曲のひとつです。

速いパッセージの華やかさに憧れるようです。

この曲は、ショパンの人生の中でマジョルカ島で愛するジョルジュ、サンドと暮らしていた一番幸せな時期に作曲されています。

jジョルジュ.サンドが飼っていた可愛い子犬の走り回っている姿がショパンの心を和ませ更に幸せなひと時になっていたのでしょう。

この曲の明るく、楽しげなメロディーは、子供達の心を虜にするのは、ショパンのこのような背景があるのかもしれません。

Sちゃんには、練習を頑張る事を条件にOKをだしました。

ショパンの装飾音の入れ方には、独特なものがありますので、Sちゃんにとって今までと違った事を学べる良い機会と思います。

それでは

Sちゃんの演奏する「子犬のワルツ」を例にして

ショパンの装飾音についてお話ししたいと思います。

1:最初のトリル(トリルのない楽譜もあります。)は、短いトリルです。

この場合には、ラシラ~と弾きます。

初めの2つの音ラとシが装飾音符で3つめの音ラが主要音ですから最後のラを一番大事に弾きます。

2:装飾音は、<拍と同時>に弾くか、<拍の前に>弾くかどちらかです。

例えばこのような音型の場合ショパンの作品では、<拍と同時>が良いと言われています。

ですから、243の指で弾く部分は、ミファミと弾きます。

3:最後のBのスケールの部分ですが、ショパンの特徴として最初はゆっくり入り徐々に速度を上げていきます。

また、ショパンは、うねうねとした旋律はを好み、繋がりが悪く、ごつごつした感じを嫌ったそうです。

普通はAの部分は、レガートにしてしまうところをあえて繋げていません。

 

ショパンの装飾音については、まだまだたくさんの特徴がありますが、ショパンの曲を初めて弾くSちゃんには、まずこの様な装飾音の入れ方もレッスンに取り入れて行きたいと思っています。

発表会で素敵な演奏が出来るよう先生と一緒に頑張りましょう~♫

クラビアートピアノ教室  講師  田原礼子

 

 

 - ピアノ練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
ピアノと絶対音感

6歳半頃までに行なう絶対音感訓練のメリットを、私のホームページのトップページに書 …

ピアノの上達を出来るだけ早くする為のレッスン方法!

「そんなうまい話があるはずがない」と思われる方たくさんいらっしゃって当然だと思い …

こども達も含めて、 手の小さい方のピアノの演奏方法

かつて、ショパンコンクールで入賞なさった、今は亡き中村紘子さん オクターブがやっ …

ピアノ演奏のペダルの効果的な使い方を教えます。

ピアノの足元には、3本のペダルがあります。 ピアノには、グランドピアノとアップラ …

テクニックを付ける為のピアノの練習

今日は、幼児のピアノレッスンと切り分けてのお話しをさせて頂きたいと思います。 ま …

no image
ピアノ演奏の為の呼吸法

  ピアノの演奏に呼法? な~んて不思議に思う方いらっしゃいませんか? …

お子様が美しく柔らかい音色でピアノを弾くための4つの方法!

ももちゃんの今年の発表会の曲は表情豊かに柔らかい音色で弾かなければなりません。 …

ピアノで速いパッセージを美しく弾ける為の練習方法!

殆どの子供達の憧れは、速い曲を弾けるようになる事! 長い講師歴の中で、モーツァル …

no image
音符をスラスラ読めるようになる為に!

音符がスラスラ読める子と読めない子の違いと原因について考えてみましょう。! 私が …

ブラインドタッチを習得すると、どんどんピアノが上達します。

「ブラインドタッチ」とは、楽譜を目で追いながら鍵盤を見ないで弾く事です。 ピアノ …