座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

アルペジオをピアノで美しく弾くために

      2016/02/27

昨年の秋に入会して下さった主婦のYさんは何事に対しても一生懸命。

チャレンジ精神旺盛で次から次へと弾きたい曲が満載のようです。

入会したばかりにもかかわらず7月の発表会に参加して下さるとの事、講師の私は嬉しい限りです。

発表会に演奏される曲の中にアルペジオがあり、現在その弾き方に苦労していらっしゃいます。

「アルペジオ」とは、和音を一音一音下からの音から(もしくは上から)順番に弾く事です。

  1.     

上手に弾けるとダララララ~んと綺麗に聴こえてきます。

1:手首を柔らかく余計な力を抜いて弾きましょう。

アルペジオが苦手な方は、指を広げて一音一音を指だけで弾こうとする傾向が見られます。

この様な弾き方をしていると、指や手首に負担がかかりいろいろな体の部分を痛める原因となってしまいます。

でも(コツ」を覚えると意外と簡単に弾くことが出来るんですよ。

「手首を柔らかく腕と一緒に力を抜いたまま横に移動する感覚」で弾きます。

始めから鍵盤を叩こうとすると、どうしても力が入ってしまいがちです。

そこで今は、Yさんとは鍵盤に手を載せ音を鳴らさず手首と腕の動かし方だけを練習しています。

2:鍵盤を叩きながら美しいアルペジオを弾くためには、始めはゆっくりの速さから練習しましょう。

アルペジオとは、どちらかと言えば速く弾く弾き方が(時にはゆっくり弾くこともあります)多いですよね。

ですから始めから速く弾こうとすると音が抜けてしまったり、音の粒を揃えて弾くことができなくなる恐れがあります。

Yさんとは、まず上記のように手首と腕の動かし方をしっかりマスターして頂いてから実際にゆっくり音を出しながら出来るだけ余計な力を抜く練習をしようと思っています。

ゆっくり弾くことで、余計な力を抜く弾き方を覚えやすくなります。

ご自分の手首や腕の動きを見る事が出来る余裕が出来ますので動きの確認をしながら弾けます。

と言うことは「余計な力を抜くコツ」つかみやすいのです。

そこが出来て始めて徐々に速く弾く練習をして頂くと・・・

音の粒が揃った美しいアルペジオを奏でられます。

皆さん~    Yさんと一緒に頑張りましょうね!

 

クラビアートピアノ教室    講師   田原礼子

 

 

 

 

 

 

 - ピアノ練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

発表会はコンサート会場やピアノの違いによる演奏方法を学ぶ良い機会でもあります!

著名なピアニストの演奏会では、大ホールで行われる事が多いと思いますが 発表会で大 …

メロディーには、拍子感が大切!

楽譜には拍子(4分の4拍子、4分3拍子、4分の2拍子etc)というものがあります …

ピアノのペダルを踏まないでどうやって同じように響かせるの?

3歳から社会人になった今も教室に通って下さるSさんは、現在ショパンの曲をレッスン …

ピアノでクラシック音楽を!

なぜ、ピアノをクラシック音楽から始めると思った事ありませんか? クラシック音楽は …

ピアノ教室と夏休み練習表!

こども達はみんな夏休みですね〜 どこかしこに普段よりなんだか賑やかな声が聞こえて …

あっという間の1時間のピアノ練習

大人の生徒さんは、ほとんどの方々がお仕事を持っていらしゃいます。 つまり、かなり …

もっと美しくピアノの音をだす6つの方法を教えます。

~前書き~ ピアノは誰でも気軽に楽しめる素晴らしい楽器 「ピアノの音は素敵だな」 …

当たり前と思うことを続けるって意外と大変ですね〜

どんな事も当たり前だって思っている事を! 実は、続けるって凄い事だと私は思うんで …

ピアノのトリルについて

ピアノの楽譜には「トリルと装飾音」を違った記号で区別して書かれていますが、実は「 …

no image
音符をスラスラ読めるようになる為に!

音符がスラスラ読める子と読めない子の違いと原因について考えてみましょう。! 私が …