座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

ピアノを美しく奏でるための「レガート奏法」をマスターしましょう!

      2016/02/13

レガートとは、なめらかに繋げて弾くという意味です。IMG_0645.JPG

スラーと言う記号でかかれています。

ピアノを弾く上での基本中の基本ですので、一見簡単なテクニックと思いたいですよね。

しかし、残念ですが「美しいレガート奏法を」マスターする事は簡単ではないんです。

それどころか、ピアノテクニックの中でも正しい「レガート奏法」は、一番難しいと言ってもいいくらいです。

でも美しい演奏をする為には、この「レガート」と言うテクニックを必ずマスターすることが大切になります。

では、「レガート奏法」について考えてみましょう。

ピアノは、ピアノの中に張ってある弦を同じくピアノの中にあるハンマーが叩いて音がでます。

と言うことは、打楽器と同じ楽器と考える事が出来ますよね。

ですから、フルート、ハーモニカ、リコーダーなどのように息を吹きながら演奏する楽器に比べて難しいのです。

1:音と音の間を途切れないように弾きましょう。

その為に大事なことは「前の音の指を次の音が鳴るまで鍵盤から離さずしっかりと押さえておく」事です。

さっと離すと音が切れて聴こえます。

ですから、前の音は次の音が鳴ると同時にそっと離します。

反対に離すのが遅いと次の音と重なり濁った音になって、綺麗に聴こえません。

この微妙なタイミングを覚える事が大切です。

2:音の粒を揃えて弾きましょう。

音が途切れない弾き方を覚えても打鍵のタイミングが悪いと音が転んで聴こえたり、一音一音がデコボコした音量だったりするとレガートには聴こえません。

皆さんのどなたの指も比較的動きやすく強い音が出しやすい指と、動きにくく音の出づらい指がありまよね。

ですから各指への力配分のコントロールが出来るようになるための練習が必要です。

その為の教材もたくさんありますからそのような教材を使用することもお勧めします。

でも一番大事なことは、普段からどのような曲を弾かれる時も常にご自分の音を聴く習慣を身につける事が大切です。

3:指、手、腕、肩、などに無駄な力を入れず、柔軟な動かし方を覚えましょう。

体に無駄な力が入っていると音量の微妙な調整や打鍵のタイミングがずれてしまいますのでレガートで弾くことが難しくなります。

また、体に大きな負担がかかりますので体の色々な部分の故障の原因になってしまいます。

小さなお子様方は、まだ指の力が弱い為手首を大きく上下に動かして音を出そうとしがちですので特に注意が必要です。

何はともあれピアノ演奏の基本である「正しいレガート奏法」をマスター出来れば更に楽しく演奏できる事は間違いありません。

皆さんが、素敵なレガート奏法をマスターして頂けたらピアノ講師として幸せです。

頑張りましょうね!

 

クラビアートピアノ教室        講師   田原礼子

 

 

 - ピアノ練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

でも安心して下さい!(誰にでもピアノ曲が仕上がったように感じた時に大きな落とし穴があります。)

先生この曲発表会までに間に合わないかもしれない! 社会人のAさんは、レッスンが始 …

ピアノを楽しめる「やる気スイッチ」を押したいね!

  たまたま、ラジオを聴いていた時です。 人間誰もがやる気スイッチが入 …

当たり前と思うことを続けるって意外と大変ですね〜

どんな事も当たり前だって思っている事を! 実は、続けるって凄い事だと私は思うんで …

ピアノ楽譜「ハノン」効果的な使い方

ピアノに限らず何かを行なう場合、準備する事は大切です。 特にスポーツなどは、準備 …

ピアノ演奏の為の靴選びが大事な理由

今日は娘の演奏会用の靴を購入の為久しぶりに親子水入らずでお買い物をしてきました。 …

no image
ピアノ演奏の為の呼吸法

  ピアノの演奏に呼法? な~んて不思議に思う方いらっしゃいませんか? …

美しい風景を見ることも、美しいピアノ演奏に繋がる!

昨日、主人と新車の慣らし運転を兼ねて伊豆へ日帰りドライブをしてきました。 東伊豆 …

もっと美しくピアノの音をだす6つの方法を教えます。

~前書き~ ピアノは誰でも気軽に楽しめる素晴らしい楽器 「ピアノの音は素敵だな」 …

楽譜を本を読んでいるようにすらすら読めるようになるとピアノはもっと楽しくなります!

本を楽しく読む為には、正しく文字を読めることが必要です。 同じようにピアノを楽し …

ピアノの指の動きについて

指には、親指、人差し指、中指、薬指、小指、と5本の指がありますね。 ところでピア …