座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

ピアノでスタッカートを上手に弾くコツを教えます。

      2016/02/12

皆さんの殆どの方は、スタッカートとは、「音を切る」という意味で教わって来たと思います。IMG_0644.JPG

本来は。イタリア語で「離す」「離れる」という意味で微妙にニュアンスが違います。

スタッカートには、その音符長さによって種類があります。

*音符の4分の1の長さ(スタッカッティシモ)

*音符の2分の1の長さ(スタッカート)

*音符の4分の3の長さ(メゾ・スタッカート)

と言われています。

スタッカートを弾き分ける事で多彩な表現力の演奏に繋がります。

「軽やかさ」を表現するのはもちろんの事、「インパクト」を与えたりして音を際立たせたい時などにも使うなど色々な使い方を考える事です。

音符の長さが短いほど音色は鋭くなりますし、長いほど柔らかい音色になりやすいなど皆さんも想像が出来ますよね。

スタッカートも弾き方一つで多彩な表現を行えます。

ですから、作曲家の想いをイメージしながら弾き分ける事が大切になります。

ピアノの鍵盤をボールと思う。

バスケットボールのスポーツは、ボールをバウンドさせながら移動しますよね。

そして選手達は、ボールをつく時手はボールから離さずボールを床に強く叩く反動だけで素速く手に戻させながらボールを操っています。

このボールをピアノの鍵盤と思い、手はそれぞれ弾く音の指と考えてスタッカートを弾いてみます。

指先をしっかりとさせ、意識は鍵盤の底の1cm下までボールをつくようにし、反動だけで鍵盤を戻します。

反動だけで鍵盤を戻しますから、その間は脱力をし無駄な力を使わず弾く事ができます。

ピアノの上達と共に時間的に長い曲を弾く事が多くなりますので、スタッカートだけではなく脱力の使い方を覚える事はとても大切です。

力任せだけに頼って弾き続けていけば、手、指、腕などを痛める原因にもなり、また一番大事な表現力豊かな演奏も出来ません。

 

皆さん   素敵なスタッカートが弾けるよう頑張りましょうね!

 

クラビアートピアノ教室     講師   田原礼子

 

 

 

 

 

 

 - ピアノ練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノの上達の為に脱力を学びましょう!

このブログを1月21日に編集途中で間違えてうかつにも公開してしまったようなのです …

メロディーには、拍子感が大切!

楽譜には拍子(4分の4拍子、4分3拍子、4分の2拍子etc)というものがあります …

発表会はコンサート会場やピアノの違いによる演奏方法を学ぶ良い機会でもあります!

著名なピアニストの演奏会では、大ホールで行われる事が多いと思いますが 発表会で大 …

no image
ピアノ演奏上達の為の一番の近道は?

誰でも「一日も早く大好き💕な曲をスラスラ弾けるようになりたい」 と思つてピアノを …

ピアノのオクターブを楽に弾けるようになる為に4つのポイントで教えます。

オクターブとは、(ド~ド)(レ~レ)など8度の音符のことです。 オクターブを弾く …

ブラインドタッチを習得すると、どんどんピアノが上達します。

「ブラインドタッチ」とは、楽譜を目で追いながら鍵盤を見ないで弾く事です。 ピアノ …

冬休みのピアノ練習楽しくやろうね!

もうすぐ、こども達にとつて嬉しい冬休みがやってきますね〜🎶 でも、不思議? 学校 …

ピアノ曲を仕上げる為に大事な練習方法を教えます。

ピアノの練習を皆さんは、どのように行っていますか? また、練習をしっかりしている …

練習をしない生徒に取り入れたいレッスン

ピアノを習いに入会される生徒さんは、皆さんが初めてと言う方ばかりではありません。 …

ピアノを間違えないで弾く事だけが良い演奏でしょうか?

ピアニストの登竜門である世界最高峰ショパンコンクールの入賞者が 皆さんノーミスで …