座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

小さなお子様がピアノのレガート奏法をマスターする為に!

   

昨年末に入会下さったAYちゃん

まだ、レッスン3回目にも関わらず「ピアノドリーム」1巻をぜ~んぶ弾いてきてくれてました。

おまけに 音符などのお勉強の「ワークブック」も終わらせてきてくれて先生は嬉しい悲鳴!

30分のレッスンの中で行なうのは大変な曲数!

でも、AYちゃんの頑張りに取り敢えず出来るところまで全部弾いてもらい

たくさんたくさん  褒めてあげました。

でも、ピアノ初心者には意外と難しい基本的な弾き方があるのです。

それは、レガート(滑らかに繋げて弾く)の弾き方です。

AYちゃんもAYちゃんなりに、頑張って練習してくれた「努力」は素晴らしい事!

ただ、やはり 2回のレッスンで練習してきてくれた曲は、このレガートで弾く事はできていませんでした。

でも、勘違いしないで下さいね!

AYちゃんが出来ないという事では、決してないと言う事です。

2回めのレッスン後レガート奏法を教えていないまま、年末年始が間に入ってしまった事も大きな原因だったのです。

このレガート奏法は、AYちゃんのようにピアノ初心者の誰も正しいレガートを弾けない事を経験して

そこから滑らかに繋げて弾く練習をして身に付くことなんです。

たかがレガート

されどレガート

レガート奏法は、ピアノという楽器を弾く上でとても大切な基本中の基本です。

そこで今日のレッスンは、最初はAYちゃんが一生懸命練習してきた曲を気が済むところまで弾いてもらい

「努力」して弾けるようになった事をたくさん褒めてあげました。

ピアノと言う習い事は、水泳などと違ってお家での練習が上達には、とても大切な事だからです。

とくに、小さなお子様には これからの練習で「努力」し続ける為には上手にモチベーションアップさせてあげる事も大事な事!

まず、頑張った事に対しては、心から褒めてあげる事も講師の仕事と思っていますから~♥

しかし、ここから基本的なレガートの指導は絶対にしなければいけない事です。

でも、無理は禁物!

そこで、気が済むまで曲を弾いていく中で

「ド」と「レ」をレガートで弾く練習を何度も繰り返し弾いてもらいました。

レガートの弾き方

まず、レガートで弾けない理由は次の音を弾く前に弾いた音の鍵盤を上げてしまうからです。

ですから、先程お話ししましたAYちゃんに

「ド」を鍵盤から離すと同時に「レ」を弾く

この前の音を離すと「同時」に次の音を弾けばレガートになるのです。

a;前の音を早く離してしまうと音がプツプツきれて聴こえてしまいます。

b:前の音を遅く離すと次の音をと一緒に聴こえてしまう瞬間がある為濁った汚い音となってしまいます。

ですから、AYちゃんのように小さなお子様にも このように大事なポイントは必ず指導しなければいけないのです。

ただし、特にお子様の集中出来る時間は限られています。

集中出来る時間を見極めて短時間で行なう事が大切と考えます。

ですから、「ド」と「レ」をレガートで弾けるだけでも しっかり覚えていける事が大事なのです。

無理をすることはありませんし、他の生徒さんと比較する事もありません。

何回も同じ事をレッスンの度に

それぞれのお子様にあわせて指導していけば

「レガート」と言う弾き方は、最初は難しく感じても間違った練習さえしなければ必ず身に付きます。

AYちゃん

今までどうり一生懸命練習して、きれいなレガートで弾けるようになりましょうね!

先生はとても楽しみにしていますよ~♥

 

クラビアートピアノ教室    講師  田原礼子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - ピアノ練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

こども達も含めて、 手の小さい方のピアノの演奏方法

かつて、ショパンコンクールで入賞なさった、今は亡き中村紘子さん オクターブがやっ …

小さなお子様は、補助台(足台)を使ってピアノを弾く事が大切な理由

小さなお子様は、ピアノの椅子に座って床に足がつかず、 そのままですと当然足はブラ …

お子様が美しく柔らかい音色でピアノを弾くための4つの方法!

ももちゃんの今年の発表会の曲は表情豊かに柔らかい音色で弾かなければなりません。 …

あっという間の1時間のピアノ練習

大人の生徒さんは、ほとんどの方々がお仕事を持っていらしゃいます。 つまり、かなり …

アルペジオをピアノで美しく弾くために

昨年の秋に入会して下さった主婦のYさんは何事に対しても一生懸命。 チャレンジ精神 …

出来るだけ早く上手に弾けるようになる為のピアノ練習方法

このタイトルをご覧になったと時みなさんの殆どは、 「そんな理由簡単よ~練習をたく …

でも安心して下さい!(誰にでもピアノ曲が仕上がったように感じた時に大きな落とし穴があります。)

先生この曲発表会までに間に合わないかもしれない! 社会人のAさんは、レッスンが始 …

ピアノを間違えないで弾く事だけが良い演奏でしょうか?

ピアニストの登竜門である世界最高峰ショパンコンクールの入賞者が 皆さんノーミスで …

no image
ピアノ演奏上達の為の一番の近道は?

誰でも「一日も早く大好き💕な曲をスラスラ弾けるようになりたい」 と思つてピアノを …

練習をしない生徒に取り入れたいレッスン

ピアノを習いに入会される生徒さんは、皆さんが初めてと言う方ばかりではありません。 …