座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

ピアノを楽しめる「やる気スイッチ」を押したいね!

      2019/05/17

 

たまたま、ラジオを聴いていた時です。

人間誰もがやる気スイッチが入る時とは

知識や技術が人の為になる!

誰かのために!

あなたの存在は、みんなの為になっている!

と感じる事だ!

とお話しされるていました。

なんだか難しそうにお話なさってましたが!

このお話しを私はピアノを弾くことに置き換えてみようと思いました。

練習を頑張ったり、更に上手に弾けたらやっぱり言葉にだして褒める事が一番だと思います。

私講師はもちろん、ご両親にも行なって頂きたいです。

そして、ご両親には更にお願いしたい事!

どんな些細な事でも、褒めてあげて下さい。

褒められるって事は、自分が嬉しいのは当たり前!

誰かの為、特に一番身近な存在であり大好きな ご両親に認められたら最高に嬉しいはずです。

そして、更にやる気を継続する為には

辛い事も含めて楽しい!

目標を持って達成出来る!

すると、やる気衰えない

とお話しされていました。

私もそんな難しい言い方はしていませんでしたが、

いつもそう思つてレッスンしていましたから

なるほどやつぱり〜でした。

昨今では、学校やすべての習い事

ひと昔前のような、ただ厳しいだけの指導を行う時代ではありませんよね!

また、厳しいレッスンより褒められながらのレッスンの方がよりピアノを楽しめるはずだとも思います。

そのような訳でピアノ講師もピアノのレッスンで叱る事より褒める事に力を入れて上達させなければならないと感じています。

そこで、出来るだけ叱らないで練習に対するモチベーションを上げる為に

レッスンには常に新しい工夫が必要だと思っています。

その為にクラビアートピアノ教室でも、このように色々モチベーションをあげる方法を考えながらレッスンを行なっています。

a:レッスンに通ってきたらご褒美シール

b:1年間に何曲仕上がったか1曲仕上ると1つスタンプ!誰が一番たくさん弾けたか競争!

c:音符カード全てを1分以内で読めたら終了証書

d:冬休み夏休み練習シート

など、自分の目で見てわかる感じる目標を持たせる工夫をしています。

更に、ピアノ発表会など、演奏会には積極的に参加して頂きたいです。

頑張って練習すれば良い演奏が出来る事を経験して達成感を持って欲しいから!

また、チャンスがあれば学校の行事でピアノ伴奏を行う事もいいですね~

やる気スイッチが入る事もそれを継続する事も最終的には、どちらも出来るだけ、たくさんの人に認められ褒められ

更にそれによって達成感を持てる事に尽きる事と思います。

「やる気スイッチ」の場所は、一人ひとり違うはずです。

その一人ひとりの「やる気スイッチ」を探す事も講師の役目だと思っています。

どのこども達にも「やる気スイッチ」少しでも早くを押してあげたい!

その為に レッスンは常に新しいことを考えて工夫し続けなければ~

私講師は、すべてのこども達のやる気スイッチを押せる為にこれからも頑張りますね!

クラビアートピアノ教室 講師 田原礼子

 - ピアノ練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノでクラシック音楽を!

なぜ、ピアノをクラシック音楽から始めると思った事ありませんか? クラシック音楽は …

ブラインドタッチでピアノを弾ける為のレッスン方法

まず、ブラインドタッチのレッスン方法の前に余談をさせて下さい。 社会人のMさん …

小さなお子様は、補助台(足台)を使ってピアノを弾く事が大切な理由

小さなお子様は、ピアノの椅子に座って床に足がつかず、 そのままですと当然足はブラ …

ピアノ曲の速いパッセージを楽に弾けるようになる為に!

ピアノで速いパッセージを美しく弾く姿に憧れを抱いているこども達多いですよね! そ …

速いパッセージをピアノで美しく弾くために

ピアノを始めて2年あまりのAちゃんは、とても小柄な女の子。  とても頑張り屋さん …

やる気を伸ばすピアノレッスンと練習方法

気になるピアノの上達 ご両親は、こども達が自宅での練習を行わないと気になるもので …

テクニックを付ける為のピアノの練習

今日は、幼児のピアノレッスンと切り分けてのお話しをさせて頂きたいと思います。 ま …

絶対音感は、聴く力=弾く力の源

絶対音感は天才だけが身に付くものではなく、6歳半頃までに行なう訓練によって殆どの …

楽譜を本を読んでいるようにすらすら読めるようになるとピアノはもっと楽しくなります!

本を楽しく読む為には、正しく文字を読めることが必要です。 同じようにピアノを楽し …

ピアノを間違えないで弾く事だけが良い演奏でしょうか?

ピアニストの登竜門である世界最高峰ショパンコンクールの入賞者が 皆さんノーミスで …