座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

絶対音感は、聴く力=弾く力の源

      2017/03/10

絶対音感は天才だけが身に付くものではなく、6歳半頃までに行なう訓練によって殆どのお子様に身に付く能力です。

6歳半頃までに絶対音感が身に付くと言うデーターまであります。

聴く力は、速すぎると言う事はありません。

幼い子供達の能力は、ここまでと決めつけてしまうのは私達大人です。

最初からピアノは、両手で弾けないと決めつけてしまう方多いと思いませんか?

🎼ト音記号とヘ音記号の音符も最初から覚えるなんて無理なんて決めつけていませんか?

この考え方は、ナンセンスです、

幼い子供達は、習い始めたばかりで片手で弾く事と両手で弾く事の違いなんてわかりません。

ト音記号もヘ音記号の音符も最初から行えば当たり前と思って覚えてしまいます。

 

幼いお子様程集中力の保てる時間が少ないのも当たり前です。

けれど、聴いて音を当てる絶対音感訓練は集中力がなければ出来ません。

ですから

絶対音感訓練を行なう事により集中力が徐々につき更に 聴く力=弾く力に繋がっていくお子様が殆どです。

6歳のお子様をお持ちのお母様が体験レッスンにおいで下さる時よく相談される事があります。

「もうすぐ7歳になりますが絶対音感訓練をするには遅すぎますか?」と

先程も申し上げたとおり「6歳半頃までに始められば遅い事はありません。」とお答えしています。

6歳半頃迄に行なっている生徒さんは、小学生になってもお続けする事は可能ですし、お勧めしたいと思います。

どうぞご自分のお子様の能力を信じてあげて暖かく見守って頂きたいと思います。

 

クラビアートピアノ教室   講師    田原礼子

 

 

 

 

 - ピアノ練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

小さなお子様は、補助台(足台)を使ってピアノを弾く事が大切な理由

小さなお子様は、ピアノの椅子に座って床に足がつかず、 そのままですと当然足はブラ …

ピアノの上達の為に脱力を学びましょう!

このブログを1月21日に編集途中で間違えてうかつにも公開してしまったようなのです …

テクニックを付ける為のピアノの練習

今日は、幼児のピアノレッスンと切り分けてのお話しをさせて頂きたいと思います。 ま …

I 楽器なしでも出来るピアノトレーニング

1:握力を付ける方法 女性ピアニストでも握力は50-60kgはあります。 握力を …

no image
ピアノと絶対音感

6歳半頃までに行なう絶対音感訓練のメリットを、私のホームページのトップページに書 …

ピアノを弾くまえに

楽譜を読む=ソルフェージュ(何の音がどんなリズムで、書かれているかという事)を勉 …

ピアノレッスンでウィンナーワルツとワルツの違いを!

ピアノ発表会でRちゃんは、ウィンナーワルツを演奏する事になりました。 何曲かチョ …

ピアノ上達の為のYOUTUBEの聴き方

始めに、これからお話する内容は、ピアノ初心者のお話ではなく、ある程度のレベルに達 …

ピアノを美しく奏でるための「レガート奏法」をマスターしましょう!

レガートとは、なめらかに繋げて弾くという意味です。 スラーと言う記号でかかれてい …

鏡を使ったピアノの上達方法!

素晴らしいピアノ演奏を出来るようになる為には、正しい手と指の形と姿勢が基本となり …