座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

絶対音感は、聴く力=弾く力の源

      2017/03/10

絶対音感は天才だけが身に付くものではなく、6歳半頃までに行なう訓練によって殆どのお子様に身に付く能力です。

6歳半頃までに絶対音感が身に付くと言うデーターまであります。

聴く力は、速すぎると言う事はありません。

幼い子供達の能力は、ここまでと決めつけてしまうのは私達大人です。

最初からピアノは、両手で弾けないと決めつけてしまう方多いと思いませんか?

🎼ト音記号とヘ音記号の音符も最初から覚えるなんて無理なんて決めつけていませんか?

この考え方は、ナンセンスです、

幼い子供達は、習い始めたばかりで片手で弾く事と両手で弾く事の違いなんてわかりません。

ト音記号もヘ音記号の音符も最初から行えば当たり前と思って覚えてしまいます。

 

幼いお子様程集中力の保てる時間が少ないのも当たり前です。

けれど、聴いて音を当てる絶対音感訓練は集中力がなければ出来ません。

ですから

絶対音感訓練を行なう事により集中力が徐々につき更に 聴く力=弾く力に繋がっていくお子様が殆どです。

6歳のお子様をお持ちのお母様が体験レッスンにおいで下さる時よく相談される事があります。

「もうすぐ7歳になりますが絶対音感訓練をするには遅すぎますか?」と

先程も申し上げたとおり「6歳半頃までに始められば遅い事はありません。」とお答えしています。

6歳半頃迄に行なっている生徒さんは、小学生になってもお続けする事は可能ですし、お勧めしたいと思います。

どうぞご自分のお子様の能力を信じてあげて暖かく見守って頂きたいと思います。

 

クラビアートピアノ教室   講師    田原礼子

 

 

 

 

 - ピアノ練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノ楽譜「ハノン」効果的な使い方

ピアノに限らず何かを行なう場合、準備する事は大切です。 特にスポーツなどは、準備 …

優しい音色で始まるピアノ曲の弾き方

  優しい音色で始まる弾く為の3つの方法 1:正しい鍵盤の叩き方をマス …

ピアノのペダルを踏まないでどうやって同じように響かせるの?

3歳から社会人になった今も教室に通って下さるSさんは、現在ショパンの曲をレッスン …

ピアノのオクターブを楽に弾けるようになる為に4つのポイントで教えます。

オクターブとは、(ド~ド)(レ~レ)など8度の音符のことです。 オクターブを弾く …

ピアノ曲「子犬のワルツ」でショパンの装飾音の魅力を!

小学3年生のSちゃんは、今年に入って始めてのレッスンでの最初の言葉は? 「先生  …

座間市クラビアートピアノ教室の考える夏休みピアノ練習❗️

幼稚園や学校が夏休みに入ってもう2週間も経ったのですね。 どの子供たちも、ご両親 …

ピアノが上手になる近道は正しい指使いも大切です!

7月に入会下さったTさんは、イケメンの社会人の男性! Tさんご自身の弾きたい曲を …

ピアノで幼児期に絶対音感をつけるとメリットがいっぱい!

絶対音感とは、聞こえてきた音を(私達日本人が「あいうえお」を聞くのと同じくらい自 …

音楽記号の「休符」も大切な記号!

休符とは、お休みの音楽記号! 今日のレッスンでも、ピアノを弾かず手で叩くだけのリ …

こども達も含めて、 手の小さい方のピアノの演奏方法

かつて、ショパンコンクールで入賞なさった、今は亡き中村紘子さん オクターブがやっ …