座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

ピアノ曲を仕上げる為に大事な練習方法を教えます。

      2016/01/16

ピアノの練習を皆さんは、どのように行っていますか?

また、練習をしっかりしているわりに上達が遅い気がするなんて思われている方いらっしゃいませんか?

実は、ご自身の演奏力と言うよりも練習方法に問題がある事が多いのです。

それでは、2つのポイントでお話しを進めたいと思います。

1:どんな曲でもゆっくりの速さから練習を始めましょう。

特にお子様達は、どんな曲でも速く弾きたがる傾向にあります。

しかし、速く弾いてしまうと色々な弊害が出てしまいます。

まず、芯のあるしっかりとしたタッチで弾くこと難しいので、当然速いパッセージは、音がこもってしまったり、抜けてしまったりしてメロディーに滑らかさがなくなり転んだようにつぶの揃わない美しい演奏ができなくなる状態になります。

そうお話しすると速いパッセージだけに限定されると思いたいですが、真逆のゆっくりに弾くことも同時に美しく弾けなくなります。

また、作曲された曲には、メロディーの中に必ず作曲家の手紙とも言えるストーリがあります。

例えば極論ですが、文字で書かれた「ピアノを弾く事が大好きです。」と言う文章を

「ピア」「ノを弾く事」「が大好」「きです。」と書いてしまったとします。

分かりにくいだけでなく文章とは言えませんよね。

メロディーも同じです。これと同じようにメロディーの中にもストーリーがあるのですから、始めての曲を速く弾いてしまうと繋がらなくてはいけない音符の中に先ほどの文章のようにストーリーとしてのメロディーが、場違いのところで止まってしまう練習になってしまいます。

このような練習を続けているとせっかくの練習が無駄になるだけでなく、悪い練習の癖になる大きな原因となってしまい良い演奏ができなくなる可能性が高くなります。

練習しているのに、良い演奏ができなくなれば当然ピアノが楽しくなくなるのは、当たり前ですよね。

2:部分練習をしましょう。

ある程度曲を弾けるようになると誰でも最初から最後までの通し演奏が楽しくなりますよね!

とても素敵なことですが、実はここに大きな落とし穴があるのです。

ここでピアノを弾かれる殆どの方が弾きづらいところを後回しにしたまま弾いている経験がありませんか?

難しいところの部分程たくさんの練習が必要です。

これが、部分練習です。

大人にの方でもあまり楽しい練習とは言えませんよね。

ですから特にお子様にとっては、嫌な練習になりがちです。

ですから頭の柔らかい幼い時期から、練習の仕方も含めてのレッスンが必要です。

小さいお子様にとっては、自分で部分練習をしなければならないところなんて分かるはずがありません。

講師は部分練習が必要なところは、お子様には言葉がけだけでなくハッキリ分かるように印をつけてあげる。更にそこに毎日何回などお約束を書いておく。

そして更に部分練習をして上手に弾けるようになってそこで終わりにしてはいけません。

今度は、部分練習の前の何小説前からそこにスムーズに入れるような練習の仕方も指導します。

大人の方には当たり前の事でもお子様には、これぐらいの気遣いが必要です。

そして、練習とはこういうものだと早い時期から当たり前だと思わせてしまうことです。

 

ピアノ講師とは、演奏方法を教えるだけではなく、さりげなくお子様が幼い頃より幼いからこそ練習の仕方も同時に指導しなければならないことだと思います。

限りない可能性のあるお子様の為にまだまだ頑張りますよ!

クラビアートピアノ教室      講師 田原礼子

 

 

 - ピアノ練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

効果的な練習時間は長い、短いどっちがいいの?

ピアノを弾くのは好きだけど 練習は嫌いというお子様 多いですよね! そこで、練習 …

ブラインドタッチでピアノを弾ける為のレッスン方法

まず、ブラインドタッチのレッスン方法の前に余談をさせて下さい。 社会人のMさん …

ピアノ上手に弾けないからピアノ楽しく面白くなるんだよ!

ピアノが上手な子は、もともと上手だから? そう言う考え方もあるかもしれません。 …

絶対音感は、聴く力=弾く力の源

絶対音感は天才だけが身に付くものではなく、6歳半頃までに行なう訓練によって殆どの …

音楽記号の「休符」も大切な記号!

休符とは、お休みの音楽記号! 今日のレッスンでも、ピアノを弾かず手で叩くだけのリ …

ピアノを間違えないで弾く事だけが良い演奏でしょうか?

ピアニストの登竜門である世界最高峰ショパンコンクールの入賞者が 皆さんノーミスで …

お子様が美しく柔らかい音色でピアノを弾くための4つの方法!

ももちゃんの今年の発表会の曲は表情豊かに柔らかい音色で弾かなければなりません。 …

もうすぐワインパーテイ~ピアノ演奏が間に合わないのではと心配されるお忙しい社会人のMさんにコード奏法指導で対応

浮かない顔でレッスンにおいでになった社会人のMさんお忙しくてなかなか練習できない …

ピアノの上達には正しい筋肉の付け方も大切です。

ピアノに筋肉? スポーツなどのトレーニングじゃないのに? な〜んて 思われる方も …

こども達も含めて、 手の小さい方のピアノの演奏方法

かつて、ショパンコンクールで入賞なさった、今は亡き中村紘子さん オクターブがやっ …