座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

ピアノ 講師と「音楽の母」ヘンデル

      2016/09/13

img_0372私が、ヘンデルとの印象的な出会いは、高校合唱部のコンクール課題曲でした。

ハーレルヤ ハーレルヤ ハレルヤ ハレルヤ ハーレルヤ

そうです!

有名なヘンデル作曲ハレルヤコーラス曲「メサイア」

なんて素敵な曲だろう!

未だに思い出深い合唱曲の一つとなっています。

私と比較するのは恐れ多い方ですが、当時のイギリスの国王ジョージ2世の前でこの曲を披露した際とても感動されて立ち上がって拍手をされたそうです。

この国王の姿が現代に於ける「スタンディングオーベンション」の原点と言われているようですよ。

その時代に生きていない私には知る由もありませんが、高校時代に私自身が受けた感動を思うと本当のような気がします。

皆さんはどう思いますか?

ヘンデルを思うと、同時代に活躍された「音楽の父」と呼ばれるバッハを思わずにはいられない自分自身がいます。

そして、ヘンデルが偉大な作曲家と言われるようにバッハも偉大な作曲家!

現代では、クラッシック音楽にあまり興味のない方もバッハの名前の方が有名な気がするのは私だけでしょうか?

どちらも素晴らしい作曲家にもかかわらず、当時はヘンデルの方が絶大な人気があったそうです。

現代の私達から思う時なんだか不思議な気がしますよね。

ヘンデルは、当時より絶大な人気があった素晴らしい作曲家であリ、現代に於いては私の心を虜にする作曲家にのひとりであることに変わりはありません。

でも、偉人と言われる人々の多くは、後世になって評価される方が多いような気がします

まさに、バッハもその一人ではないでしようか?

そして!

現代では

バッハが「音楽の父」!

ヘンデルは「音楽の母」!

と呼ばれ

「バロック時代」の音楽の巨匠と言われています。

 

私はピアノ講師ですのでヘンデルのピアノ曲のお話もしたいと思います。

小学生に発表会でよく使う曲があります。

「調子の良い鍛冶屋」です。

比較的手が小さくてもお指がよく回る生徒さんであれば弾きこなせるからです。

速くて華やかなパッセージが後半にでてきますので、お指がよく回る生徒さんにとって発表会で華のある演奏となりますのでお薦めです。

もし、この曲に興味が持たれましたら是非お聴きになってみてくださいね~♪

そして、この曲を弾いてみたいと思うお子様たちのモチベーションアップになって、更にそこから本当に弾きこなせる子供達がひとりでも多く増えてくれたら嬉しいです~♥

 

 

クラビアートピアノ教室     講師    田原礼子

 

 

 - ピアノにまつわるお話し

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノでバッハとベートーヴェンを弾いて学ぶ事が、とても重要な理由

ベートーヴェンは次元が違う偉大な作曲家です。   ブラームスもシューベ …

私の娘は幼い頃「大人は、みんなピアノを弾ける」と思っていたらしい?

  我が家の主人も音楽学校を卒業している為主人もピアノが弾ける。 おま …

ベヒシュタインさんが作ったピアノ!

ベヒシュタインさんなんて軽く呼んでしまいました! すみません! 世界三大ピアノの …

no image
3月31日にピアノ講座「ピアノ制作とピアニスト、ピアニストの考えるピアノ」を東京赤坂で聴講してきます。

実は、講義を行って下さるのは、音楽学校当時の学友です。 ピアニストは、私自身や私 …

あなたにとってピアノ作曲家ショパンとは?

不謹慎かもしれませんが、ショパン(CHOPIN)と言うとまず私は、昔の生徒さんが …

座間市在住ピアノ講師が思うピアノとメロディー

あるTV番組で社交ダンスのカリスマ指導者の言葉に感銘を受けました。 メロディーを …

今日 楽しみにしていた東京赤坂ユーロピアノ社で行われた「ピアノ講座」を聴講してきました。

この講座は、国際音楽学校当時の学友ピアノ製作者M氏の主催されている年6回の内の1 …

ピアノの名器「ザウター」が更に良い音に復活しました~♥

度々ブログに登場なさる学友のピアノ製作者と調律師のM氏に我が家のグランドピアノと …

最初にピアノ曲「ノクターン」を作曲したのは、誰でしょう?

ノクターンと言えば「ショパン」と思われる方多いのではありませんか? でも初めてノ …

「キラキラ星変奏曲」が作曲されたのには理由があるんですって!

キラキラ星変奏曲の 別名 「ママ聴いてちょうだい」 ですよね! モーツァルトはサ …