座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

ピアノでクラシック音楽を!

      2018/08/23

なぜ、ピアノをクラシック音楽から始めると思った事ありませんか?

クラシック音楽は基本だから?

では、基本とは何もって基本というのでしょう?

クラシック音楽とポピュラー音楽との大きな違いは、「作曲家が第一」

作曲家のメロディーに込めた想いを忠実に再現した演奏をする事です。

オーケストラで言えば「作曲家が第一」次に「指揮者」次に「演奏者」

さて、ピアノを含む鍵盤楽器の始まりは、バロック時代にさかのぼります。

それでは、ピアノの進化ともにクラシック音楽について考えて行きましょう。

バロック音楽といえば「バッハ」が代表的な作曲家です。

当時は、現代の私達の知るピアノと言うものとは程遠いピアノの前進であるチェンバロという鍵盤楽器と言う事が同じだけで

ピアノとはかなり違う楽器でした。

しかしその後の音楽の時代背景に於いてバッハの曲は、その後の偉大な作曲家達が(ベートーヴェンやショパンetc)バッハを尊敬し研究して、自分の作曲に大きな影響を受けているのです。

現代の私達がバッハ(バロック音楽)を学ぶ時、インベンションから始める方が多いと思います。

以前にもお話したように、インベンションは2声から成り立っています。

合唱曲のように2つのパートと考えて演奏します。(インベンションが終わると3声や4声等を2つの手で弾く演奏を学んでいきます。)

バッハの曲(バロック音楽)では、トリル(ソラソラソラソラ~などをとても速く弾く)は、弾く音の数が決められています。

装飾音の入れ方

もきちんとした約束事があります。

ベートーヴェン、モーツァルトetcが活躍した(古典派)の時代では

その後の音楽的時代背景に比べてあまりテンポ感を変えない。

装飾音の速さは、ゆっくりめに入れる事や例えば右手の装飾音を左手の音のどこに合わせて演奏するかなど!

いろいろな古典派の演奏方法があります。

その後のショパンやリストのロマン派

ドビュッシー、ラベル、サティの印象派も

その時代の約束事を守って作曲家の意図する想いをくみ取り演奏します。

まだまだ細かい約束事がクラッシックにはあります。

このブログだけでは書ききれません。

てすから、クラッシックを学ぶ時、

数々の曲から正しい約束事に添った演奏方法を学んで行く事が大切です。

前述のように クラッシック音楽は、「作曲家が第一」と言う理由の一部分をお話しさせて頂きましたが

ポピュラー音楽もクラシック音楽は根底にないとは言えないと思います。

でも、クラシック音楽の演奏は、作曲家の想いを上記のように 約束事と共に忠実に再現する。

ここが、ポピュラー音楽と大きく違うところです。

その事を理解した上でお互いの違いを楽しむ事が大切と考えます。

クラビアートピアノ教室  講師 田原礼子

 - ピアノにまつわるお話し, ピアノ練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

アップライトピアノの可能性を探る為のコンサート!その1

9月1日ベヒシュタイン.サロンで 「アップライトピアノの可能性〜昔のピアノから未 …

出来るだけ早く上手に弾けるようになる為のピアノ練習方法

このタイトルをご覧になったと時みなさんの殆どは、 「そんな理由簡単よ~練習をたく …

ピアノ曲を仕上げる為に大事な練習方法を教えます。

ピアノの練習を皆さんは、どのように行っていますか? また、練習をしっかりしている …

no image
ピアノと絶対音感

6歳半頃までに行なう絶対音感訓練のメリットを、私のホームページのトップページに書 …

コーヒー好きだった大作曲家バッハ

バッハはかなりお酒に強い方だったそうです。 酔いざましの意味あったのかもしれませ …

ピアノを弾く理想的な指に近づける為に!

ピアノを弾く上で理想的な指とはどんな指でしょう? 殆どの方は、指が長いと良いと思 …

ピアニスト内田光子さんグラミー賞受賞 おめでとうございます!

ピアニスト内田光子さんがの参加作品が、米音楽業界最高の栄誉とされる クラッシック …

たまには、ピアノ作曲家の面白話はいかがですか?

リストのピアノ演奏会に訪れたブラームスのお話しです。 ピアノ演奏は、もちろんピア …

ピアノ発表会での緊張!

とんな素晴らしいピアニストでも緊張しない人はいません。 良い演奏をする為には、適 …

no image
ピアノ演奏の為の呼吸法

  ピアノの演奏に呼法? な~んて不思議に思う方いらっしゃいませんか? …