座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

ピアノ演奏上達の為の一番の近道は?

      2018/12/20

誰でも「一日も早く大好き💕な曲をスラスラ弾けるようになりたい」

と思つてピアノを習い始める事と思います。

でも、現実として考えた時

ピアノに限らずどんな習い事も

そんなに都合良くすぐに結果が出るものではありませんよね〜

特にピアノと言う習い事は、レッスンするだけでは上達しません。

自宅での練習がとても大切です。

そこで、どうせ練習しなけらばならないなら

出来るだけ早く上達のする為の練習方法を考えて見ましょう。

まず、ここで全く違う習い事のお話しをさせて下さい。

聴くだけで、英語を話せるようになる」と言う、ある有名な教材のCMをご存知の方多いと思います。

日本人は、学校で英語を勉強しても会話が出来ないと良く言われてきました。(最近の教育は、変わってきているとは、思いますが!)

何故?

特に、文法などをしっかり学んでペーパーテストで良い成績を残している方が会話になると苦手と言う方は、特に不思議ですよね!

これは、理由がハッキリ分かりますよね!

要するに相手が喋っている言葉が聞きとれない事です。

ピアノの上達の話に何故このような話をするの?

関係ないじゃない!

と思われた方もいらっしゃると思います。

ですから、ここでまた ピアノの話に戻させて頂きますね〜

いくら音楽の理論の勉強をして、成績が良いとしても

ピアノを弾く練習をしなければ、ピアノは弾けるようにはなりません。

もちろん音楽理論を分からなくて良いと言う事ではありません。

しかし、ピアノの演奏の上達だけに関して言えぱ

毎日ピアノを練習をすれば、その練習量に伴う上達が必ずあります。

この毎日が特に大切です。

練習時間よりもです。

先程お話ししました素晴らしい英会話の教材も、毎日聞くからこそ結果が出るのだと私は思います。

極端な話、どんな素晴らしい教材であったとしても

一か月に一度聞いても何の進歩もないと皆さんもすでに お分かりではないでしょうか?

ですから、ピアノ上達の近道も

毎日の練習を当たり前と思う習慣づけが出来れば上達が早いと言う事です。

特に、ピアノ導入期は簡単で短い曲が多いので長い時間の練習は必要ありません。

習慣付けをするのは、この時期を逃さない事です。

毎日、短い時間でもコツコツと練習出来れば誰でもピアノは上達します。

上達をすれば相乗効果でピアノを弾く事が楽しくなるはずです。

人間の感覚とは面白いものです。

同じ時間であつても楽しい事はあっと言う間に終わってしまう気がしますよね〜

反対に嫌な事は、長く感じられるものです。

才能があつても練習をしなければピアノも上達はしませんからピアノも楽しくなくなるでしょう。

最終的には練習する子(努力出来る子)にはかないません。

当たり前の事!

この当たり前の事が出来る事が一番上達に必要なんです。

上達する為には、何事もコツコツ毎日行い続ける事がピアノに限らず必要であると言う事です。

クラビアートピアノ教室 講師 田原礼子

 - ピアノ練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノ演奏の為の靴選びが大事な理由

今日は娘の演奏会用の靴を購入の為久しぶりに親子水入らずでお買い物をしてきました。 …

ピアノの上達の為に脱力を学びましょう!

このブログを1月21日に編集途中で間違えてうかつにも公開してしまったようなのです …

ピアノ発表会出演を嫌がる生徒さんへ!

今年の4月から入会下さった姉妹がいらっしゃいます。 お二人ともピアノ経験者! し …

子供達がピアノを美しい音で弾く為のレッスン方法!

殆どの幼いお子様は達は、まだ指の力が弱く柔らかい為 鍵盤を指を振り上げて叩いたり …

ピアノ上達の為のYOUTUBEの聴き方

始めに、これからお話する内容は、ピアノ初心者のお話ではなく、ある程度のレベルに達 …

I 楽器なしでも出来るピアノトレーニング

1:握力を付ける方法 女性ピアニストでも握力は50-60kgはあります。 握力を …

ピアノ曲の速いパッセージを楽に弾けるようになる為に!

ピアノで速いパッセージを美しく弾く姿に憧れを抱いているこども達多いですよね! そ …

ブラインドタッチを習得すると、どんどんピアノが上達します。

「ブラインドタッチ」とは、楽譜を目で追いながら鍵盤を見ないで弾く事です。 ピアノ …

ピアノ曲「子犬のワルツ」でショパンの装飾音の魅力を!

小学3年生のSちゃんは、今年に入って始めてのレッスンでの最初の言葉は? 「先生  …

でも安心して下さい!(誰にでもピアノ曲が仕上がったように感じた時に大きな落とし穴があります。)

先生この曲発表会までに間に合わないかもしれない! 社会人のAさんは、レッスンが始 …