座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

今日は、年少さんのYKちゃんと発表会の最後のレッスン!

      2017/07/28

幼稚園の年少さんYKちゃん!

いつも小学1年生お兄ちゃんと一緒にレッスンに来てくれます。

いつもレッスンに来る時は、浮かないお顔で来ています。

でも、お兄ちゃんのHくんのレッスンが始まるとお絵かきしたり折り紙で楽しく遊びながら待っていてくれます。

でも、今日はピアノを習い始めてから一番のご機嫌斜め!

私のピアノ教室の前のお家でママ、ママと大泣きして動こうとしません(笑)

そのまま、ほっとく訳にもいきませんので抱っこしてレッスン室へ連れて来ました。

すると、さっきまで大泣きしていたのが嘘のようにいつもどうりニコニコしながらお絵かきを始めました。

頑固さんで喜怒哀楽の激しいYKちゃん

このようなお話をするとやっぱり家の子には、無理なんて思われるお母様方多いのではありませんか?

でもこれが、素晴らしいYKちゃんの個性なんです。

頑固で喜怒哀楽が激しいと言うことは、見方を考えるとこの個性はピアノを始めとしての芸術には必要な素晴らしい事と私は思っています。

何故なら極端な話、無表情のお子様より(そのような子は殆どいませんが)将来に向けて表情豊かな演奏をしてくれるのです。

さあ、いよいよお兄ちゃんのピアノレッスンが終わりいよいよYKちゃんのピアノレッスンです。

案の定いつもどうりイヤイヤの初まり、またママ、ママと泣き始めました(笑)

YKちゃんの場合こんな時には、優しい声がけは禁物!

講師の私は、わざと知らん顔!

すると諦めて弾き始めます。

さっきのYKちゃんは、何処に行っちゃたのかしら?

自分から弾き始めました。

ここから、私が楽しくなるような言葉がけをして弾いていくとだんだんとYKちゃんは笑顔になってくれました。

子供達の個性は、一人ひとり違うのは当然です。

特に幼い子供達程自分の今の気持を言葉で上手にお話できませんから、言葉の代わりに正直に色々な行動などで自分のやりたいことをアピールしてくるものです。

ですから、YKちゃんはYKちゃんの個性を見極め尊重してレッスンを行ってるのです。

誰一人同じ性格のお子様はいません。

幼い子供達の性格は、すぐにはわかりませんがレッスン重ねながらその子の個性を見つけ

その個性を良い方に向けて育てて行く事も講師の仕事と思い日々奮闘しています。

YKちゃんの喜怒哀楽の激しさと頑固さが発表会の演奏の力になって、頑張って演奏してくれる事を信じると同時に願っています。

レッスンが終わっていつも通り笑顔で帰ってくれました。

YKちゃん~♥

発表会でも頑張って弾こうね~

先生との連弾も仲良く弾いてね~♫

 

クラビアートピアノ教室     講師    田原礼子

 

 

 

 - 発表会

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

2017年発表会の日程が決まりました!

7月17日の海の日に決まりました~♫ 会場は昨年と同じエプタザールです ピアノも …

ピアノ発表会に向けて始めての印象派の曲「月の光」に挑む高1Mちゃんの奮闘記

現代の中高生は勉強に、部活に、習い事、本当に忙しい。 まさに、Mちゃんはそんな世 …

no image
7月の発表会で世界のピアノ三大名器の一つ「ベーゼンドルファー」のフルコンを使用します!

ピアノの三大名器とは「ベーゼンドルファー」「スタインウェイ」「ベヒシュタイン」で …

発表会に向けて憧れの曲を連弾で!  その3

小学1年生から昨年結婚されるまでの生徒Nさん 私にとっては もう講師と生徒と言う …

ピアノ発表会で子供達が弾きたい曲のひとつ「アラベスク第一番」の秘密

今年7月の発表会に小学6年生のHちゃんからドビュッシー作曲「アラベスク第一番」を …

今年の発表会は、訳あり出演者続出! 講師の私は嬉しい悲鳴~♥ その4

今年も7月17日の発表会は、世界三大名器「ベーゼンドルファー インペリアル」を使 …

no image
ピアノ発表会に向けてのリハーサルの重要な理由

クラビアートピアノ教室では、毎年の発表会の1ヶ月程前に必ずリハーサルを行っていま …

自分自身で弾きたいと思うピアノ曲がある子供達程 上達が早い!

少々前の私のブログでピアノ発表会の選曲についてのお話しをしたばかりですが、 今日 …

ピアノ発表会での大人の生徒さんと中、高生の一部決定した曲をお知らせします。

大人の生徒さんは、皆さん弾きたい曲をご自分で選んで下さいました。 Tさんは、リス …

ピアノ発表会に向けてTさんは、リストの「愛の夢」を楽しく練習して下さっています。

私事で恐縮ですが、私がはるか昔の小学生の頃初めてリストの「愛の夢」を聴いて子供心 …