座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

ピアノが「楽しい」から 「面白い」と思えるようなるといいね!

      2019/09/14

きゃあ~

ピアノが楽しい!

わあ~

ピアノが面白い!

どちらの言葉もこども達に言われたら

嬉しいですよね〜

だから、私は楽しい!も 面白い!も

嬉しい言葉に変わりないと

殆ど同じ意味だと思っていたんです。

ところが、私が愛車を運転していた時です。

ラジオから聞こえたお話しに思わず

本当?

えええ~と

となりました。

この言葉の意味は、

微妙に〜

似ているようで全く違うんですって!

へえ~

そうなんだ〜

何がどう違うの?

私は興味しんしん!

このお話の虜になっちゃいました!

だつて、考えた事もなかったんですから!

ラジオからこの2つの言葉の違いのお話しが始まりました。

運転中なので聞く事だけに集中しちゃいけない!

安全運転!安全運転!

とぶつぶつ呟きながら(笑)

メモもとれないので

精一杯私の頼りない頭の中に

情報を無理矢理詰めこむ事頑張りましたが!

私が覚えている範囲でのお話しになつてしまうと思うんです〜

分かりにくかったらゴメンナサイ!

1:「楽しい」〜とは

きゃあ~

お友達とのおしゃべりが楽しい!

ディズニーランド楽しかった〜

などなど

瞬間的なプラスの感情/気持ち

なんだそうです。

要するに

人間の感情だから

次の瞬間に楽しくないに変わる可能性が高いと言う事なんですって!

2:「面白い」〜とは

わあ~

サツカ-は面白い!

折り紙は面白い!

などなど

その魅力を自分から気が付く!

だから、自分が本当に必要だと思っている言葉だそうです。

物事の本質だから、

面白いと思った瞬間の次に面白くないと変わる事がないんじないとの事なんですって!

なんだか難しい言葉で長々と〜

スミマセン!

私の説明!

分かりにくかつたらゴメンナサイ!

そして、私は2つの言葉の意味がこんなに違うんだ〜

出来の悪い私は始めて知りました。

この違いがわかった私は

こども達に「ピアノ楽しい」と一瞬の満足だけで終わらせちゃいけないんだあ〜と

新しい思いを持たせてもらえました。

だから、この楽しいと言う感情だけではを習い続ける事は出来ないんだと言う事も分かりました。

同じ事繰り返しますが

面白い〜 と言う言葉は

こども達が、自分から魅力に気が付いて必要とするから言う言葉だそうですから

「面白い〜」までにたどり着けて

ここでやつと〜

本当に自分の為に頑張っていける始まりなんだと知らされました。

だから、「ピアノ楽しい〜」だけで終わらせてはいけない!

「わぁ〜 ピアノって面白〜い」と

言ってもらえて始めてこども達自身が

自分から上達しようと思わせる事が出来るんだ〜

とわかったんです。

この事は、私にとって大きな発見です。

楽しいと思う事も大切でないとは言えませんけど!

私は、これからはすべてのこども達に

「楽しい〜」という気持ちから

出来るだけ早く〜

「ピアノ面白い〜」と言ってもらえるようになつて欲しいと思うきつかけになった事は確かです。

よく

「昔ピアノを習った事があるのにもう弾けない」

と言う方いらっしゃいますよね〜

2つの言葉の違いから考えると

そう言う方々は、面白いとまで思えないうちにピアノをやめてしまったからなんじやないかと言う気がしてきました。

「面白い」と言う気持ちがあつたとしたら

ピアノを弾く事が生涯の友達に!

人生を豊かに生きられる一つに!

なれた!

そんな気がするんです。

だから、これからはこども達から「ピアノ面白い」と言う言葉を聞ける事が私にとつて1番嬉しい言葉になりそうです。

偶然聞けたラジオのお話しでしたが

私にとつてはレッスンに新しい風が遅れそうな貴重なお話しでした。

ラジオからのお話しにありがとうです〜^_^

クラビアートピアノ教室 講師 田原礼子

 - レッスン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

「イメージを持ってのピアノ演奏つて凄いですね!」Tちやんのママより

いつも、ママかパパと一緒にレッスンに来てくれるTちやん! 昨日のレッスンはママと …

お子様がピアノを習う事での一番のメリットは、集中力がつくことです!

ピアノの上達には、絶対音感、暗譜力、テクニック、表現力、この要素は避けられないと …

ピアノ教室に新しいお友達ができました。

2月より新しいお友達のKちゃんのレッスンがはじまりました。 ニコニコ笑顔の可愛い …

ピアノ講師もレッスンを!

度々ブログに載せています、ケンプ氏最後のお弟子であるMT先生が近々ドイツより来日 …

no image
ピアノ講師の考える「努力」とは?

ひょんな事から幼い頃よりレッスンに通い続けて下さる社会人のAさんが「私は、努力が …

ピアノとメトロノーム

どなたも何処かで、メトロノームはを見たことがあるのではないでしょうか? メトロノ …

ピアノ発表会 (その2) Sちやんと「キラキラ星変奏曲」

発表会の演奏曲をこども達自身に物語を考えてもらう第2段のお話です。 Sちやんは、 …

no image
幼い頃から、ピアノを習う事が良い4つの理由

(1)絶対音感が付くと良いことが、いっぱい!   絶対音感とは、音を聞 …

ピアノ発表会 その1 H君と「紡ぎ歌」

先日のブログのタイトル 「生徒自身にどんな演奏か考えさせたい」 今年7月のHくん …

ピアノの練習無理しないで上手に付きあいましようね!

ある大学の付属小学校のH君は小学3年生になりました! H君の小学校は3年生になっ …