座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

ピアノと暗譜

      2019/08/01

暗譜とは楽譜を見ないで演奏する事ですよ.

クラビアートピアノ教室のホームページトップの「ピアノが習い事に良い」理由の中で暗譜の素晴らしさをお伝していますが!

今日はさらに新しい角度から暗譜の素晴らしさのお話ををさせてください。

曲には、必ず作曲者が思い描いたストーリーがありますよね!

良い演奏とは、ただ楽譜通り間違えないで弾く事ではないんです。

例えば、一つも間違えないで弾けたとしてもピアノの鍵盤を乱暴に叩いて音を出したとしたら

誰でも必ず(ピアノを弾いた事の無い方々でも)

嫌〜な音

と感じるはずです。

作曲者達が生きていたら当然そんな演奏したら

「ええ〜」

「そんなの私の作った曲じやないよ!」

と激怒するかもしれませんよね(笑)

でも皆さんは、

「じゃあ !作曲家が思うストーリーをピアノで素敵に表現するにはどうしたらよいの?」

になると思います

だから、その答えの一つが暗譜なんです、

演奏する上で暗譜をしていると余裕が出来ます。

ですから、日頃のレッスンの中で学んでいる美しい演奏を出来るようになる為の方法!

この事を演奏に取り入れる余裕が出来るようになります。

自分の耳で音色や表現を細かいところまで確認しながら演奏する事が出来やすくなるはずなんです。

だから当然!

暗譜=素敵な演奏

になる訳です。

ただ、連弾(何人かで演奏する)の場合は楽譜を見て演奏しますが、これにはちゃんと理由があります。

そのお話は、また次回に!

とさせてくださいね!

クラビアートピアノ教室 講師 田原礼子

 - ピアノにまつわるお話し

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノでクラシック音楽を!

なぜ、ピアノをクラシック音楽から始めると思った事ありませんか? クラシック音楽は …

ドビュッシー作曲「月の光」

今宵は十五夜    お天気が心配でしたが、座間市でも嬉しい事に今まさに夜空に美し …

ハンデがあってもピアノは弾ける!

  ヘルシンキ在住の左手のピアニスト舘野泉さんをご存知ですか? &nb …

バロック時代の巨匠 「バッハ」

  ~前書き~   皆さん、音楽の授業の教科書で写真を見てバ …

ピアノの構造と美しい音色との関係

グランドピアノというと美しくスタイリッシュなフォルムと白と黒の鍵盤を想い浮かびま …

ベヒシュタインさんが作ったピアノ!

ベヒシュタインさんなんて軽く呼んでしまいました! すみません! 世界三大ピアノの …

ピアノ 講師と「音楽の母」ヘンデル

私が、ヘンデルとの印象的な出会いは、高校合唱部のコンクール課題曲でした。 ハーレ …

鍵盤数が通常より多いピアノをご存知ですか?

世界三大名器ベーゼンドルファーには、鍵盤数が94鍵と97鍵ある「インペリアル」と …

復元された100年前のピアノ

7月5日ゲンプ氏最後のお弟子ピアニスト田村美和先生のコンサート後の事です。 コン …

アップライトピアノの可能性を探るコンサート!その2

9月1日汐留ベヒシュタイン社で行われた タイトル 「アップライトピアノの可能性〜 …