座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

コーヒー好きだった大作曲家バッハ

      2016/01/16

バッハはかなりお酒に強い方だったそうです。

酔いざましの意味あったのかもしれませんが、コーヒーが大好きだったようです。

トルコから伝わったばかりのコーヒーは、17世紀バッハが活躍中のドイツで大流行。

そこで父と娘のコーヒー讃歌として、コミカルなまるでミュージカルのようなバッハ作曲、通称「コーヒー・カンタータ」が生まれました。

歌詞を書いたのは、詩人ビカンダーです。

言う事を聞かない娘への父の嘆きを表した曲が「コーヒーカンタータ」です。

現在、当たり前に誰もが楽しめるコーヒーですが当時は女性禁制の風潮があったようです。

「千のキスより甘く、マスカットのワインよりやわらかなコーヒーなしじゃ、とてもやっていけない」と今様な娘が言うと、頑固な父親は「コーヒーをやめること。諦めないなら、結婚もさせない」

娘がコーヒーを飲むことを許されるまでの親子のやり取りを実にユーモラスに描かれています。

あなたも、一度は、「コーヒーカンタータ」をお聴きになってから、コーヒーを味わってみては、いかがですか?

コーヒーの味わいが少し変わるかもしれませんよ!

クラビアートピアノ教室   講師  田原礼子

 

 

 - ピアノにまつわるお話し

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

鍵盤数が通常より多いピアノをご存知ですか?

世界三大名器ベーゼンドルファーには、鍵盤数が94鍵と97鍵ある「インペリアル」と …

  ピアノ男子が増えている!

私が子供の頃の日本では、ピアノは女の子の習い事という風潮が強かった気がします。 …

音楽好きのお医者様の医学的な観点から見た ピアノの名曲を残した作曲家たちのお話し

私は、大学病院の救急救命医を経て精神科医になられた音楽好きのお医者様の知り合いが …

復元された100年前のピアノ

7月5日ゲンプ氏最後のお弟子ピアニスト田村美和先生のコンサート後の事です。 コン …

今日 楽しみにしていた東京赤坂ユーロピアノ社で行われた「ピアノ講座」を聴講してきました。

この講座は、国際音楽学校当時の学友ピアノ製作者M氏の主催されている年6回の内の1 …

ピアノと時間で思う事!

時間とは、とても不思議な存在です。 好きなこと楽しい事を行っている時は、時間はゆ …

ハイドン作曲 本当にびっくり!  ピアノ曲 「びっくりシンフォニー」とは?

元々は、交響曲第94番 第2楽章をニックネームで「驚愕」「びっくり」と言われてき …

座間市在住ピアノ講師が思うピアノとメロディー

あるTV番組で社交ダンスのカリスマ指導者の言葉に感銘を受けました。 メロディーを …

〜アップライトピアノの可能性を探る〜コンサート(その3)

今日は、ちょっと専門的なお話になつてしまいますので、つまらないかもしれません。 …

学友M氏にピアノの調律して頂くと色々勉強になります。

半年ぶりにピアノを調律して頂きました~♥ 腕の良いM氏の調律はいつも仕上がりが素 …