座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

ピアノの名器「ザウター」が更に良い音に復活しました~♥

      2016/07/19

ザウター度々ブログに登場なさる学友のピアノ製作者と調律師のM氏に我が家のグランドピアノとベヒシュタイン社の名器「ザウター」の調律をして頂きました。

特にドイツ製の「ザウター」は、外国のピアノとしては比較的管理しやすいピアノとは言え日本の四季には悩ませられます。

 

レッスン室が1階にある事で夏には湿気がこもりやすく、また冬場にはエアコンの使用による部屋の温度差による結露がピアノにダメージを与えてしまいました。

5日程前に「ザウター」はピアノ内部のアクションごと持ち帰ってメンテナンスをして頂き、昨日晴れて取り付け完了素晴らしい音色になって帰ってきました~♪

さすが世界のM氏です!

また、同時にM氏の勧めでピアノ内部にピアノ2台ともサーモヒータを取り付けて頂きました。

サーモヒータとは、自動的に常にピアノ内部の湿度を管理する装置だそうです。

時代とともにピアノの管理も進化しているのですね~♪

M氏にお会いする度にピアノについていろいろなお話しを伺えるのは本当に幸せです。

いつか機会がありましたらM氏からお聞きしたピアノについての面白話をブログにお載せしたいです。

ところで費用は我が家としては大きな出費となりましたが、きっとM氏の事ですから格安で行って下さったのは間違いありません。

ご多忙なM氏にも関わらず、学友ということでついつい御好意に甘えてしまい格安で早急なメンテナンス、申し訳なさと感謝でいっぱいです。

有難うございました~♥

これからも大事にピアノを使用したいと思います。

Mさんこれからもよろしくお願いします。

 

クラビアートピアノ教室    講師   田原礼子

 - ピアノにまつわるお話し

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ハイドン作曲 本当にびっくり!  ピアノ曲 「びっくりシンフォニー」とは?

元々は、交響曲第94番 第2楽章をニックネームで「驚愕」「びっくり」と言われてき …

今日 楽しみにしていた東京赤坂ユーロピアノ社で行われた「ピアノ講座」を聴講してきました。

この講座は、国際音楽学校当時の学友ピアノ製作者M氏の主催されている年6回の内の1 …

あなたにとってピアノ作曲家ショパンとは?

不謹慎かもしれませんが、ショパン(CHOPIN)と言うとまず私は、昔の生徒さんが …

「電子ピアノ」、「電気ピアノ」、「ピアノ」!  後悔しないための選び方

一口にピアノと言ってもいろいろなメーカーや特徴があります。 いざ購入しようとする …

私と夫と奇跡のピアノ

奇跡のピアノとの出会い! なんだか カッコいいタイトル〜♫ 「すみませ〜ん(*≧ …

〜アップライトピアノの可能性を探る〜コンサート(その3)

今日は、ちょっと専門的なお話になつてしまいますので、つまらないかもしれません。 …

ピアノでクラシック音楽を!

なぜ、ピアノをクラシック音楽から始めると思った事ありませんか? クラシック音楽は …

ピアノでバッハとベートーヴェンを弾いて学ぶ事が、とても重要な理由

ベートーヴェンは次元が違う偉大な作曲家です。   ブラームスもシューベ …

私の娘は幼い頃「大人は、みんなピアノを弾ける」と思っていたらしい?

  我が家の主人も音楽学校を卒業している為主人もピアノが弾ける。 おま …

最初にピアノ曲「ノクターン」を作曲したのは、誰でしょう?

ノクターンと言えば「ショパン」と思われる方多いのではありませんか? でも初めてノ …