座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

大作曲家達が抱えた病気から思うこと!

      2019/08/12

そろそろお盆ですね!

と言う事で亡くなられた大作曲家達

の病気のお話しも許されるかなあ?

と思いブログ書かせて頂きます。

知り合いの音楽好きのお医者様と時々音楽の雑談をする事があります。

色々な事を良くご存知でいつも楽しい会話となります。

その中でも、お医者様だからこそ知っている話題には特に私は興味をそそられます。

それは、大作曲達が抱えていた現代だから分かった病気や亡くなられた原因です。

大作曲家達であれ、同じ人間ですから色々病気になるのは当たり前ですが!

現代になつて遠い昔の作曲家達の本当の病気が次々と解明されているそうです。

大作曲家達つて結構病を患いながら作曲していた方が多いようなんです。

私が以前から各大作曲家についてのエピソードの中で病気の事もブログに書かせて頂いてきましたが!

今回は、改めてお医者様に教えていただいた作曲家達の病気や死因のお話しをして見ようと思いました。

出来るだけ多くの方々がご存知の作曲家でお話ししたいと思います。

1:まずは、バロックの代表的な作曲家バッハ!

脳卒中で亡くなられたそうです。

2:ベートーヴェン

耳が聞こえなくなつた理由は、鉛中毒だった事がわかつたそうです。

ベートーヴェンは、ワインが大好きで毎日相当量呑んでいたそうです.

当時の安いワインの甘味料は鉛だった事から鉛中毒て聴覚を失ったとの事です。

3:モーツァルト

サバン症候群だつたと言う事ご存知の方もいらっしゃると思います。

こちらは、病気というより個性と言えるかもしれませんが!

知的障がいや、発達障がいと引き換えにある分野だけに特別な素晴らしい能力を授かる!

モーツァルトは大作曲家と言う能力を授かったようですね!

4:ハイドン

鼻の中にポリーブがあって悩まされていたそうです。

5:シューマンは、精神障害(躁鬱その他)を持ちながら数々の、素晴らしい作品を残しました。

6:ピアノの詩人と言われたショパン

肺に病気を抱えてそれが原因で亡くなったそうです。

7:ロッシーニ

有名なウイリアムテルな作曲家ですが

一方かなりの美食家で糖尿病を患っていたそうです。

8:シベリウス

先日の私のブログでバイオリンの名手であったのに緊張でウイーンフィルのオーデションを落ちたとお話しさせて頂きましたが

その緊張の原因ほ精神障害の一つ「社会不安障害」だったそうです。

このような事が分かると大作曲家達に失礼とは思いますがなんだか、偉大な作曲家達もやはり人間だと思い身近に感じてしまいます。

どんな偉大な方々も

人間である限り病気にならない方はいないのだと当たり前の事なのに何だか納得している自分が変です〜(笑)

過去の素晴らしい大作曲家達は、現代だったら治った病気もあった事でしようね〜

でも、いつの時代も後もう少し医学が進歩していたら〜

と思うのは同じ事!

ただ、過去の偉大な作曲家達の曲の中には病気であつたからこそ素晴らしい作品が出来た事も事実のようです。

たまには、このような雑学的なお話しを楽しいと思って聞いてくれる方がいらしたら嬉しいのですが?

如何でしたでしょうか?

クラビアートピアノ教室 講師 田原礼子

 - ピアノにまつわるお話し

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノにメンテナンスの為の装置をつけました!

ピアノは、湿度や乾燥に弱い楽器です。   日本でピアノをお持ちの方が、 …

バロック時代の巨匠 「バッハ」

  ~前書き~   皆さん、音楽の授業の教科書で写真を見てバ …

no image
ピアノと勉強の両立ができる方法を教えます。

ピアノと勉強の両立について考えてみませんか?   突然ですが、ピアノを …

座間市在住ピアノ講師が思うピアノとメロディー

あるTV番組で社交ダンスのカリスマ指導者の言葉に感銘を受けました。 メロディーを …

ドイツ ベヒシュタイン社の専属ピアニストだった田村美和先生と学友ピアノ製作者M氏の語るピアノとは?

東京赤坂のユーロピアノ社での講習会 18年前に学友のピアノ製作者M氏の紹介でお会 …

ドイツ語:ピアノkuravier(クラビア)とHlugel(フリューゲル)

今年もお世話になり続けている 学友ピアノ制作兼調律師のM氏より年賀状が届きました …

作曲家「バッハ」と「ハイドン」は素敵な紳士?

数ある偉大な作曲家の中でもバッハとハイドンは、作曲はもちろんの事とても素敵な人柄 …

ハイドン作曲 本当にびっくり!  ピアノ曲 「びっくりシンフォニー」とは?

元々は、交響曲第94番 第2楽章をニックネームで「驚愕」「びっくり」と言われてき …

ハンデがあってもピアノは弾ける!

  ヘルシンキ在住の左手のピアニスト舘野泉さんをご存知ですか? &nb …

たまには、ピアノ作曲家の面白話はいかがですか?

リストのピアノ演奏会に訪れたブラームスのお話しです。 ピアノ演奏は、もちろんピア …