座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

2019年ピアノ講師の仕事始めは、発表会の選曲から‼️

   

クラビアートピアノ教室は、毎年7月に発表会を行なっています。

その為、毎年私ピアノ講師が年頭に行う事は、発表会の曲選びから始まります。

もちろん、発表会の練習を始めるのはもう少し後となりますが!

でも、何故こんなに早く選曲?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんよね!

発表会に参加する事は、ピアノの上達はもちろん 内気な子が自信を持てるようになつたりと!

たくさんのメリットがあります。

そのメリットを引き出す役目が講師にはあると思い頑張っています。

ですから、毎年一人ひとりの選曲は 慎重に行わなけらばと思って早めに行う事にしています。

練習するモチベーションを上げる為に、出来るだけこども達が演奏したいと思う曲を選んであげたいとも思っています。

そうは言っても、ここが難しい!

それぞれのこども達レベルにあつたものでなければなりませんから〜

特に小学生高学年以上の初心者の選曲は特に慎重に行なっています。

あまりに子供っぽい物もNG!

やさしいけれど聴き映えのする曲を探します。

結構これが一番大変かもしれません。

また、発表会に何回も参加しているこども達には、前回と同じ雰囲気の曲は、避けるようにしています。

例えば、前回ワルツを演奏した子には、出来るだけワルツではない曲を選ぶように!

また、演奏出来るレベルが高い生徒さんに気をつけている事は

作曲家の時代によつて演奏方法異なりますのでなるべく交代交代で違う時代のものを選曲する事を心掛けています。

せっかくの発表会ですから、色々な演奏方法がある事を知って学んで欲しいからです。

レベルの高い曲を演奏出来る生徒さん程 早めに選んで練習を始めてもらうつもりです。

レベルの高い曲になるにつれ、レッスンや曲の中で学べ事が盛りだくさんになりますから〜

もちろんピアノ初心者にもそれなりに学べる事たくさんありますよ。

発表会で演奏する曲は1つの曲をいつもより長い期間練習出来ますので

当然通常のレッスン曲より密度の濃い指導を行う事が出来ます。

発表会に使用する曲は、どの こども達も現在の実力以上のレベルの曲を選ぶ事にしています。(正直レッスンは大変ですがこども達の為に頑張ります。)

すると?

曲が仕上がった頃にはどの子も、びっくりするような演奏力の向上が自然に身に付いています。

自然すぎて当のこども達には、あまり実感がわかないようですが(笑)

とにもかくにも.こども達みんなが

自分が好きな曲を!

好きな曲だから頑張ろう!

だから先生は、

みんなの曲を今年も一生懸命探しますね〜🎵

みんなの発表会での演奏

今年も楽しみにしていますね〜💕

クラビアートピアノ教室 講師 田原礼子

 - 発表会

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノ発表会で上手に演奏出来る為の最終レッスン指導法

いよいよ来週は発表会の最後のレッスン 今までレッスンと練習を頑張って来た子供達の …

ピアノ発表会に向けて始めての印象派の曲「月の光」に挑む高1Mちゃんの奮闘記

現代の中高生は勉強に、部活に、習い事、本当に忙しい。 まさに、Mちゃんはそんな世 …

Aさんは、ショパン作曲  「 幻想即興曲」を発表会に向けて頑張ってます。

皆さんお久しぶりです。 お陰さまで元気になりました。 これからまた、皆さんの興味 …

ピアノ発表会のリハーサル無事終了しました!

ピアノ発表会のリハーサルは、毎年恒例のことですが生徒さんにとって今年も有意義なも …

座間市クラビアートピアノ教室仕事始めは、5つの重要な理由での発表会の選曲から!

今年の発表会も例年同様7月に行なう予定です。 そろそろ子供達の演奏曲を決めようと …

ピアノ発表会での大人の生徒さんと中、高生の一部決定した曲をお知らせします。

大人の生徒さんは、皆さん弾きたい曲をご自分で選んで下さいました。 Tさんは、リス …

年少さんYちゃんの初めての発表会  その2

入会してから まだ5回目のレッスンのYちゃんは、今年の春から年少さんになります。 …

ピアノと発表会ごっこ!

とあるレッスンの日の事です。 1歳違いのちっちゃい子ちゃんのレッスンが前後する日 …

今年の発表会は、訳あり出演者続出! 講師の私は嬉しい悲鳴~♥ その4

今年も7月17日の発表会は、世界三大名器「ベーゼンドルファー インペリアル」を使 …

7月の発表会に向けて  その1

  4歳から指導させて頂いている社会人のTさんは、発表会の曲をドビュッ …