座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

自分自身で弾きたいと思うピアノ曲がある子供達程 上達が早い!

      2018/01/31

少々前の私のブログでピアノ発表会の選曲についてのお話しをしたばかりですが、

今日は、違った角度から発表会の選曲のお話しをしたいと思います。

前回は、ピアノ講師としての私から子供達の為の選曲の方法と理由を説明させて頂きました。

今回は、子供達自身からの選曲(弾きたい曲)を考えてみたいと思います。

毎年、何名かの子供達から自分が弾きたい曲をリクエストされています。

今年も小学3年生のSちゃんにショパンの「子犬のワルツ」

小学6年生のHちゃんにドビュッシーの「アラベスク第一番」

を弾きたいと言われました。

レベル的に余程無理がなければ私は、なるべくその気持を尊重しています。

今年も何とか頑張って練習をしてくれれば間に合いそうと判断して「OK」を出しました。

自分自身で曲を決めた子供達の発表会までの道のりは大変です。

子供達の為に頑張ろうと思います。

弾きたい曲=憧れの曲 です。

憧れの曲を弾けると言う事で練習に対するモチベーションも上がるはずです。

でも、憧れの曲があるという事は、日頃から色々な曲を聴く機会がなければ持つことが出来ません。

ピアノ曲を聴ける環境が大切と考えます。

ピアニストのコンサートに必ず行かなくてはいけないなどと言っている訳ではありません。

もちろん、そういう機会があり聴きに行く事が出来れば最高ですが!

さりげなく常にCDが流れているご家庭なども理想的ですが、なかなかそうもいかない事と思います。

ピアノを習い始めて憧れの曲を持てる一番の近道は、まずはピアノ教室のイベントの中でも発表会出演は重要です。

幼い子供達はお姉さんやお兄さんの演奏を聴く事によって「あの曲を弾きたい」と思うところから憧れの曲を持つ子供達が多いと思います。

そして、次にその子供達が大きくなるに連れて憧れの曲を弾けるようになり、今度は憧れられる存在になって行くのです。

憧れの曲がある子は、ない子に比べて当然練習に対する向き合い方が違ってきます。

自分自身で努力も出来るようになります。

そして、好きな曲を弾く事は子供達にとっては努力とは思わず楽しみに変わっていくはずです。

この事は

自分自身から練習する気持になれる。

知らず知らずにき気がついたら長い時間練習していた。

このような気持を持てた時からが本当の努力出来る始まりと思います。

ピアノの上手な子共達は才能があると思われがちですが、どんなに才能があっても練習をしなければピアノは上達しません。

極端な話、最終的には才能があっても努力出来なければ 一見不器用に見える子であっても努力出来る子供達の方が上達するのです。

ピアノの上達為に子供達には、憧れの曲をひとつでも多く持って貰いたいと思います。

クラビアートピアノ教室  講師  田原礼子

 

 

 

 

 - 発表会

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノ発表会に向けて始めての印象派の曲「月の光」に挑む高1Mちゃんの奮闘記

現代の中高生は勉強に、部活に、習い事、本当に忙しい。 まさに、Mちゃんはそんな世 …

7月の発表会に向けて  その1

  4歳から指導させて頂いている社会人のTさんは、発表会の曲をドビュッ …

大勢の前でのピアノの演奏は程よい緊張感も必要です!

いよいよ明日はピアノ発表会! 今まで頑張って練習してきた子供達は、不安半分嬉しさ …

ピアノ発表会はどんな服を着たら良いの?

初めて発表会に参加される時によく聞かれる事があります。 発表会の服装についてです …

年中さんのYちゃんとピアノ発表会の最後のレッスン

今日も発表会最終レッスンを行なう子供達! 中でも今日のレッスンの中で一番小さい年 …

10月31日のピアノ発表会またまたどうしよう〜

コロナの影響で昨年は中止に! 今年は7月11日の発表会を10月31日に延期! 生 …

2019年ピアノ講師の仕事始めは、発表会の選曲から‼️

クラビアートピアノ教室は、毎年7月に発表会を行なっています。 その為、毎年私ピア …

no image
2020年クラビアートピアノ教室ピアノ発表会中止致します。

今日のニュースでは、東京都の感染者数がかなり少なくなったようです。 このまま終息 …

Sちゃんの発表会の曲は「キラキラ星変奏曲」に❣️

Sちゃんは、小学4年生 上手に弾ける子なんだけど手が小さいので毎年選曲に悩みます …

H君のピアノ発表会の曲選びは、波乱ずくめ!

H君は、ピアノを習いはじめて1年がたちました。 男の子ですので、力強い曲が発表会 …