座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

ピアノ発表会 (その2) Sちやんと「キラキラ星変奏曲」

      2019/03/29

発表会の演奏曲をこども達自身に物語を考えてもらう第2段のお話です。

Sちやんは、小学4年生

今年の発表会で「キラキラ星変奏曲」を演奏する事になりました。

「キラキラ星変奏曲」は、モーツァルト作曲

テーマは、みなさんご存知の!

ドドソソララソ〜

歌いやすいので、幼稚歌や保育園の幼児も楽しく歌っているあの曲です。

とても明るく軽やかなメロディーでたくさんの方に愛されていると思います。

その、テーマのメロディーの後に

次から次へとバリエーション(変奏曲)を弾いて行く訳です。

だから、実際演奏をする時はそのバリエーション毎の変化を自分でイメージして表現する楽しさを知って欲しいんです。

このイメージを感じ取ると言う事は、どんな曲にも大切だと思いますから〜

まず、自分でイメージを持てると演奏しやすくなります。

そして、素敵な曲に仕上がるんです。

ですから、この変化をSちやんにも物語を作ってイメージしてもらう事にしました。

Sちやんには、物語を作りやすくする為に

こんなアドバイスをしてみました。

この曲の「テーマ」は、みなさんご存知のドドソソララソです。

一見演奏する事が、簡単に感じる方多い気がするんですが

一番自分の思いを自由に演奏して欲しいメロディーなんです。

そういう意味では、とても難しいかも〜です。

でも、自由に演奏出来る事に

まずここから いっぱ〜い Sちやんに楽しんでもらいたいなあ〜

と思っています。

まず、最初に感じて欲しい

「テーマ」のイメージは「絵の具」だと思ってとお話しました。

そして、

その「絵の具」で.各バリエーション(変奏曲)を物語にして自由に思った色を使って描いてみてね!

と伝えました。

すると やっぱり!

Sちやんは「え〜 難しい! わかんない〜」

と 言い始めました。

でも、Sちやんも各バリエーションを聴いてみてからイメージ出来る色を聞いてみると

以外と曲にマッチしているんですよ!

例えば、短調の とあるバリエーションを

「何色で描きたい?」

と聞いてみると

「むらさき色」

との答えが、すぐに返ってきました。

「ほら、いいんじゃない?」

と言うと嬉しそうな笑顔になりました。

ここは、何色!

ここは、何色!

と楽しそうに答えが返ってきました。

Sちやんが最初に言っていた、「わかんない」は、どこにいつちやつたの?です。

講師がちょっとだけ、アドバイスしてあげると自分で答えが出てくるようです。

Sちやんだけじやないんですよ〜

どのこども達にも言えることなんです。

だから、決してこどもだからなんて思ちやダメです。

逆にこどもだからこその発想があるんです。

面白いですよ!

講師が一方的にお話しするより、Sちやんも私も楽しい!

これが、大切だと私は思うのですが?

これから、どんどん新しいバリエーションを

Sちやんが描いた物語を使って弾いていってもらうつもりです。

Sちやんの考える絵の具の使い方がとても楽しみです。

テーマの絵の具を使って物語を作ると、やっぱりイメージしやすいようでした。

これからのレッスンでどんな「キラキラ星変奏曲」になるのか?

きっと素敵な曲になると思います。

今から、発表会が待ち遠しいです。

クラビアートピアノ教室   講師 田原礼子

 - レッスン, 発表会

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

大学受験間近の高校生のピアノレッスン

高校2年生のMちゃん 音大を目指しているわけでもないのにレッスンに通い続けてくれ …

ピアノ発表会に向けてTさんは、リストの「愛の夢」を楽しく練習して下さっています。

私事で恐縮ですが、私がはるか昔の小学生の頃初めてリストの「愛の夢」を聴いて子供心 …

H君のピアノ発表会の曲選びは、波乱ずくめ!

H君は、ピアノを習いはじめて1年がたちました。 男の子ですので、力強い曲が発表会 …

横浜在住のFちやんとの久しぶりのレッスンとお母様からのお手紙!

Fちやんは、私が横浜のパストラールピアノ教室に勤めていた頃からの生徒です。 小学 …

ピアノ曲「お人形の夢と目覚め」の速いパッセージとMSちゃん

今年のMSちゃんの発表会の演奏曲は、エステン作曲「お人形の夢と目覚め」です。 こ …

ピアノを楽しく続けるには

一番大切なことは「ピアノが好き」という気持ちです。 その為には講師としての私は、 …

練習出来なくてもピアノのレッスンを楽しくしたいね❣️その1

H君は小学3年生! 今、有名私立中学校の受験を目指してもう勉強中! そんな中でも …

新しいピアノ教室でレッスンを始めるお子様への講師の気遣いとは?

春は、今までのピアノ教室から心ならずも 緒事情によりピアノ教室を変わらなければい …

連休明けのピアノレッスン!

長いゴールデンウィークが終わり今週から発表会に向けてのレッスンが再開しています。 …

no image
練習嫌いの生徒さんのピアノレッスンについて

練習が嫌いでもピアノが好きと言うお子様は、たくさんいます。 むしろ、そういうお子 …