座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

ピアノ曲「お人形の夢と目覚め」の速いパッセージとMSちゃん

   

今年のMSちゃんの発表会の演奏曲は、エステン作曲「お人形の夢と目覚め」です。

この曲に決める前に、MSちゃんに気に入ってもらえるかどうか?

私が演奏をしてみました。

すると、特に後半の速いパッセージにビックリ!

そして、出来るかなあ?と不安な気持もありそうでした。

でも、速い曲を弾きたいと言う憧れもあった少女でしたの弾いてみたいと思う気持が勝ったようです。

すぐに、ニコニコ顔!

発表会に弾く事になりました。

この曲は、後半に華やかな速いパッセージがありその部分を素敵に弾きこなす事で聴いて下さる方々に良い印象をもって頂ける大切なところです。

MSちゃんにとってもこれだけ速いパッセージを弾く事は、初めてです。

ですから、レッスンは、この後半部分から始める事にしました。

まず、速いパッセージの演奏の方法を説明しました。

そして、今一生懸命練習を頑張ってくれています。

速いパッセージには、速く弾く弾き方があります。

この方法は、私のブログのカテゴリーの「練習方法」の中でも、既に詳しく説明済みですが、MSちゃんのレッスンの中で少しお話しをしたい思います。

まず、長いパッセージを指先を鍵盤に対して常に真っ直ぐにした状態で弾く事を指導しました。

今までは、指くぐりをした弾き方しか知らなかったMSちゃんにとっては、この方法をマスターする事が大変です。

カテゴリーの中でも説明しましたように

親指1番 人差し指2番 中指3番 薬指4番 小指5番と言う指番号があります。

今までは、ドレミファソラシドをドレミを123で弾き1の指をくぐらせファソラシドを弾いていました。

けれど、この曲の速いパッセージを弾く為には、指くぐりをしていては間に合いませんしとても大変になってしまいます。

ですから、ドレミファソラシドのドレミを123の指で弾く事には、変わりありませんが

ファソラシドは指くぐりをせず、ファに1の指をすばやくファソラシド(1,2,3,4,5,)と横移動させる方法を指導しています。

この横移動をは、ただ弾くだけでしたらいいのですが、これを滑らかに繋げて弾ける事をマスターする事が難しいところです。

MSちゃんは、今この演奏方法に苦労しています。

でも大丈夫!

MSちゃんは、先生の言う通り頑張っていますので、必ずマスターすることは、間違いありません。

その為に私も一生懸命レッスンさせていただきますね~♫

きっと発表会では、素敵な演奏が出来ると思います。

先生は、今から発表会でのMSちゃんの演奏をとても楽しみにしています。

 

クラビアートピアノ教室   講師   田原礼子

 

 

 - レッスン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノ発表会のレッスンは、前前週の今週が最も大切です!

7月14日発表会まで後10日あまりとなりました。 後2回レッスンがありますが、 …

本当の意味でのピアノ演奏力は20歳~25歳で花開く事をご存知ですか?

美しい演奏とは、演奏するテクニックを身につけて終わりではありません。 もちろんテ …

2019年クラビアートピアノ教室のレッスンが初まりました❣️

クラビアートピアノ教室も冬休みが終わり、先週からレッスンが始まりました。 元気な …

生徒自身にどんなピアノ演奏をしたいか考えさせたい!

クラビアートピアノ教室は、7月14日の発表会に向けてのレッスンが始まりました。 …

クラビアートピアノ教室ではピアノの上達速度にも力を入れています。

私は。講師歴25年! にも関わらず 座間市での自宅でのレッスンは、昨年4月より始 …

Yちやん音符カードタイムトライアル頑張り賞おめでとう❣️

Yちやんは、可愛い💕年中さん! 今日、音符カードタイムトライアル4オクターブを1 …

ピアノ発表会(その5)Tちゃんと「短い物語」

ピアノを習い始めてまだ10ヶ月程のTちゃんとのレッスンの様子です。 Tちやんにも …

横浜在住のFちやんとの久しぶりのレッスンとお母様からのお手紙!

Fちやんは、私が横浜のパストラールピアノ教室に勤めていた頃からの生徒です。 小学 …

Tちやんピアノドリーム1巻終了おめでとう🎊

Tちやんは、ピアノを始めてから6回目のレッスンでピアノドリーム1巻を終了しました …

座間市クラビアートピアノ教室でのご挨拶は、分離礼で!

ピアノ教室では、何処の教室でも レッスンの始まりでは「よろしくお願いします。」 …