座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

憧れの曲を持つ事は、ピアノの上達に繋がる!

      2017/12/27

こども達のピアノ演奏を上達させる!

講師にとっての責任として最大な課題です。

ピアノと言う習い事は、スイミングやダンスと違ってどうしてもお家での練習をしなければ、上達はできません。

しかし、幼いこども達は、そのような事は、分からなくて当然です。

こども達の殆どは、ピアノを習いたい理由は、「憧れ」から始まると思います。

幼稚園や保育園では、必ず先生がピアノを弾いてくれます。

先生がピアノを弾いてくれた事でピアノという楽器に初めて出会う子も多いことでしょう。

その事で興味を示し、「幼稚園や保育園の先生のように弾けるようになりたい。」と「憧れ」を抱き習い始める子が多いと思います。

しかし、こども達はピアノが上手になる為には、毎日練習しなければいけないなどと、知るよしもありませんから

ピアノを習う事を、とても楽しみで通い始めます。

この気持をすべてのこども達が、ずっと持ち続けてくれたらこんな嬉しい事はありません。

しかし、ピアノに限らずどんな事も、努力無しで成し遂げられる事などありません。

こども達もピアノに限らず、どんな習い事も上達するする為には、努力は不可欠です。

ピアノも上達すればする程、当然練習時間も長くならざるを得ません。

すると、ピアノは、好きだけど練習は嫌いと思うこども達が多くなってくる現実があります。

そのような時に、憧れの曲を持っている事は、練習する事の大きな強みになるのです!

ピアノと言う習い事は、練習すれば上達するとお考えのお母様方が多いと思います。

確かに、その事は間違えではありません。

しかし、それだけでは、練習が苦痛になってしまう原因のひとつになってしまいます。

そこで、楽しみながら練習出来るひとつの方法として「憧れの曲」を持つ事です。

何事も、目標を持つことは、モチベーションアップに繋がります。

モチベーションがアップすれば、練習への意識も変わりますから、相乗効果でピアノの上達の進歩につなげる事が出来ます。

しかし、憧れの曲を見つける為には、たくさんの曲を聴く機会がなければ、こども達には分かりようがありません。

この環境をこども達に幼い頃から作ってあげる事が、とても大切です。

だからと言って、「ピアニストの演奏会出かけて下さい」と言っている訳ではありません。

特に幼いこども達にとっては、苦痛の何ものでもないでしょう。

そこで!

1:さり気なく、お家の中でピアノ曲のCDが流す。

2:発表会に参加する事で、お友達やお姉さん、お兄さんの演奏を聴く。

ピアノのレッスンとは、先生と生徒の2人で行なうものです。

色々な演奏を聴く機会は、レッスンだけでは不可能に近いものです。

たくさんの曲を知る事で、今はまだ難しくて弾けないとしても、

こども達自身が、いつかこの曲を弾きたいと思うことが大切なのです。

幼いお子様をお持ちのご両親さまへお願い致します。

お子様の為にたくさんのピアノ曲を聴ける環境を作ってあげて下さい。

その事は、必ずピアノの上達に繋がっていきます。

座間市クラビアートピアノ教室     講師     田原礼子

 

 

 

 

 

 

 - レッスン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

新しいピアノ教室でレッスンを始めるお子様への講師の気遣いとは?

春は、今までのピアノ教室から心ならずも 緒事情によりピアノ教室を変わらなければい …

クラビアートピアノ教室ではピアノの上達速度にも力を入れています。

私は。講師歴25年! にも関わらず 座間市での自宅でのレッスンは、昨年4月より始 …

no image
ご兄弟お二人のピアノと絶対音感のレッスン10回目の成果!

今年4月で年少さんのYちゃんと小学生1年生のHくん! 今日で、お二人ともレッスン …

座間市クラビアートピアノ教室の世界のピアノ名器ザウターは、やはり凄い!

発表会に近づくに連れて、 今まさに、最後の仕上げ表現や音色を名器ザウターでレッス …

ダンディなロマンスグレーの生徒さんとピアノ発表会へ向けて!

60代の素敵な男性Y氏! 今年の発表会に参加して頂ける事になりました。 土曜日が …

ピアノ発表会(その5)Tちゃんと「短い物語」

ピアノを習い始めてまだ10ヶ月程のTちゃんとのレッスンの様子です。 Tちやんにも …

ピアノの先生 ママが〜(≧∇≦)

今年 年長さんにはなったばかりのYちやん! ママから 「Yは私が側にいるときちん …

ピアノを始めたばかりの小さなお子様とグランドピアノ

小さなお子様は素晴らしい! 講師歴が長くなるにつれて、ますますその想いがつよくな …

ピアノを演奏する子供達は、何気ない日々の経験の中での想像力を育む事が大切!

突然ですが! 「ドナウ川を見てドナウ川ってこうだったのね。」   「何 …

ピアノ発表会 その1 H君と「紡ぎ歌」

先日のブログのタイトル 「生徒自身にどんな演奏か考えさせたい」 今年7月のHくん …