座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

中学生でピアノをやめる子供達は、練習熱心な子の方が多い現実を乗り越える為に!

      2018/03/31

まず、私のホームページのブックマーク「ピアノと勉強を両立させる方法」とお話が、だぶってしまう事をお許しください。

今、この時期にもう一度確認するとても大切な事だと思ったからです。

練習熱心な子供達がやめる?

不思議で、もったいないとは思いませんか?

でも、私の長い講師生活の中で見てきた現実なんです。

練習熱心な子は、とにかく真面目な子供達が殆どです。

小学生が中学生になると部活などで忙しく生活スタイルが全く変わってしまいます。

そんな事を知る由もない子供達は、新しい中学生活に憧れと夢を抱いて入学します。

それがいざ、中学生になって見て、小学生の頃のように練習が出来ない事に負い目を感じてしまうのが、練習熱心な子供達なのです。

それを乗り越えさせる為には、この時期の私講師の対応と ご両親のご協力が大切です。

ピアノをやめるのは、簡単です。

いつでも出来ます。

でも、練習熱心な子供達の殆どは、ピアノが好きなはずです。

にも関わらず 練習を出来ないと言う事でやめてしまった子供達は、後々必ず後悔する日が来ます。

では、ピアノを続ける素晴らしさの為に乗り越える方法を考えて見ましょう!

1:中学生になる前に、特に4月5月は今までのように練習出来ない事を教えて安心させる。

「みんな同じだからね。」と

この時期は、子供達もいろいろな新しい事を受け入れなければいけない事に戸惑っています。

日頃から練習熱心な子供達は、今までどおり練習出来ない事を悩んでいるはずです。

そのような時期に「練習しなさい」と言う言葉は、一番 酷です。

「練習しなさい」と言われる程、逆にピアノの練習が嫌になってしまう原因となります。

「中学生活に慣れてくれば、少しずつ練習出来るようになるよ」と

練習したくても出来ないお子様を、おおらかに見守りましょう。

2:練習時間の長さより効率の良い練習方法も学ぶ。

プロになる訳でなければ、練習時間の長さより効率の良い練習方法も同時に学びましょう。

1日は誰に対しても24時間です。

この時間を長く感じるか、短く感じるかは

時間の使い方が、上手になるかにかかってきます。

その時間を如何に有効に効率の良い時間の使い方が出来るようになる為にもピアノの練習方法で学ぶべきです。

3:ピアノを続ける事が出来る子供達は、同時に学校の成績も良くなる子が多い。

(2)でお話ししたように たぶん勉強も効率良く行っているのだと思います。

ピアノを効率良く行って上達する子供達は、皆さんが思っていらっしゃるのと違い

意外と音高や、音大に行く子供達が意外と少ないのです。

その理由は、ピアノの上達と共にいろいろな分野の能力が開花してしまい 私ピアノ講師としては、残念な思いを何度してきたことか!

でも、その個々の子供達の素晴らしい能力を引き出してくれた事をピアノを続けた事と

私は、勝手に思うことにし、すべての子供達を祝福しています。

どうか、いっ時の気まぐれで 後々ピアノをやめたことを後悔する子供達がひとりでも少なくなるように!

との思いを込めて 今この時期に改めてブログを書かせて頂きました。

クラビアートピアノ教室  講師  田原礼子

 

 

 

 - レッスン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

Yちやん音符カードタイムトライアル頑張り賞おめでとう❣️

Yちやんは、可愛い💕年中さん! 今日、音符カードタイムトライアル4オクターブを1 …

ピアノ発表会後の次の目標

2017年第2回発表会7月17日に無事終了! 通常のレッスンにやっと戻って子供達 …

先生にハッピーバスデ-トウユ〜!

今、M君は足を怪我して松葉杖をついてピアノ教室に通ってくれてます。   …

ピアノ発表会とTちゃんとブラインドタッチ!

今日は、ブラインドタッチの大切さを改めてTちやんのレッスンを通してお話ししたいと …

年少さんKYちゃんとピカピカの1年生お兄ちゃんの久しぶりのレッスン!

ピアノ教室の夏休みは終わり、今週から子供達のレッスンが始まりました。 子供達は、 …

ピアノも努力に勝る天才はなし

私は「努力」とは「才能」の一つであると思っています。 「才能」があっても「努力」 …

ピアノ発表会 その1 H君と「紡ぎ歌」

先日のブログのタイトル 「生徒自身にどんな演奏か考えさせたい」 今年7月のHくん …

no image
魔法の言葉「100点満点じゃない方がいいんだよ!」

私のホームページをご覧くださっていた皆さんお久しぶりです。 今日は松丸亮吾さんの …

no image
ピアノは、3歳から始めるのが最も良い時期です!

お母様方は2歳や3歳のお子様達のピアノレッスンは、早すぎて無理と思っていませんか …

幼いお子様とピアノ

Tさんは、4歳から現在の社会人になってもレッスンを続けてくれる我が子のような私の …