座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

ピアノを演奏する子供達は、何気ない日々の経験の中での想像力を育む事が大切!

   

突然ですが!

「ドナウ川を見てドナウ川ってこうだったのね。」

 

「何だか初めてわかった気がしたのよ。」

 

「実際に見る事っていいわね!」

 

20世紀の偉大なバッハとベートーヴェンの研究者でありピアニストのケンプ氏最後のお弟子である

私の敬愛するM・T先生と再会し、お茶を飲みながら雑談をしていた時の言葉です。

 

先生は、ドイツ在住にも関わらず

かの有名なドナウ川に行かれた事が無かったそうです。

久しぶりにお会いした時、「初めて行くことが出来たのよ」と嬉しそうにおっしゃっていました。

 

私はちょっと驚きましたが、考えてみれば日本人である自分自身も日本中行くことが出来ていませんのに!

 

特に不思議なことではない事を後から思う自分の愚かさに自身で笑ってしまいました~

 

「初めてドナウ川を見て本当のドナウ川を知った。」

 

先生にとっては、特別な話ではなかったのでしょう。

サラッと軽い気持ちでおしゃっていましたから!

私もその時は軽く聞き流していたつもりでした。

 

ところが、一流のピアニストのM.T先生がしみじみと語ったその言葉を年を追う事に逆に鮮明になって来るのです。

 

M・T先生は、演奏する曲すべてに対してその場所へ行きなさいと言いたかった訳ではないことだけは分かります。

そんな事は不可能です。

 

 

「ドナウ川を見て本当のドナウ川を知る」と言った言葉の真意はなんだったのだろう?

 

作曲家の曲の意図する事を考えての演奏は、一流と言われるピアニストにとっても難しい。

でも、自分で想像したり、考える楽しさがある。

 

ドナウ川に出会えた事でドナウ川関わる曲のイメージの広がり

更なる楽しさを持てた事が嬉しかったのでは?

真相は先生の心の中でしかわかりませんが!

 

でも、これだけは私にも言えます。

難しいけれど、

特に、幼いお子様には

 

いろいろな経験を出来る限りたくさんして想像力を豊かにさせてあげることがとても大事!

 

どのような曲も常にその曲をイメージしての演奏が大切なこと

その事が音楽の楽しさを更に知ることが出来る。

本当の意味での上達に繋がる事が出来る。

 

改めてM.T先生の言葉を忘れられない原点は、ここにあったような気がします。

 

音楽が楽しい!

ピアノが楽しい!

 

と 思えるために

子供達には

これからもいろいろな曲を演奏して

上達していく過程で

どのような曲もイメージを大事に考えて演奏して欲しい。

 

私は この事を大切に 日々のレッスンをこれからも行って行かなければと 改めて思い 身の引き締まる思いです。

子供達の為に これからもレッスン頑張りますよ~♪

 

 

クラビアートピアノ教室   講師   田原礼子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - レッスン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノの練習無理しないで上手に付きあいましようね!

ある大学の付属小学校のH君は小学3年生になりました! H君の小学校は3年生になっ …

ピアノ発表会 (その2) Sちやんと「キラキラ星変奏曲」

発表会の演奏曲をこども達自身に物語を考えてもらう第2段のお話です。 Sちやんは、 …

ピアノドリーム1巻終了おめでとう🎊

年長さんのTちゃんは、ピアノを習い始めたばかりです。 今日、6回めのレッスンでピ …

ピアノ発表会 その1 H君と「紡ぎ歌」

先日のブログのタイトル 「生徒自身にどんな演奏か考えさせたい」 今年7月のHくん …

チャンスがあれば公開レッスンに参加することをお勧めします。

そもそも、公開レッスンってなあに?   ピアニストによるレッスンを希望 …

「イメージを持ってのピアノ演奏つて凄いですね!」Tちやんのママより

いつも、ママかパパと一緒にレッスンに来てくれるTちやん! 昨日のレッスンはママと …

憧れの曲を持つ事は、ピアノの上達に繋がる!

こども達のピアノ演奏を上達させる! 講師にとっての責任として最大な課題です。 ピ …

ピアノとメトロノーム

どなたも何処かで、メトロノームはを見たことがあるのではないでしょうか? メトロノ …

no image
ピアノ講師の考える「努力」とは?

ひょんな事から幼い頃よりレッスンに通い続けて下さる社会人のAさんが「私は、努力が …

ピアノレッスン室は模様替え中

私の教室には、ピアノ2台、パソコン用の机、電子ピアノ、シンセサイザーがありました …