座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

ピアノの指の動きについて

      2017/01/18

指には、親指、人差し指、中指、薬指、小指、と5本の指がありますね。

ところでピアノをお弾きにならない皆様も、薬指と小指は他の指に比べて動きづらいと感じることがあるのではないでしょうか?

何故 薬指と小指は動きづらいのか?

医学的に見て親指、人差し指、中指には、それぞれ1本ずつの神経が通っているそうです。

それに比べて1本の神経で薬指と小指は動かされているのです。

どうりで動きにくいはずですよね!

しかしピアノの演奏には、どの指も同じようにそれぞれの指が独立した動きが出来るようにならなければ良い演奏は、出来ません。

ですから当然この薬指と小指の独立をさせる練習は、他の指以上に大事な要素の一つとなります。

でも、こんなお話しを聞いて「ピアノなんて絶対ムリ」なんて思わないでくださいね。

この動きづらい指を正しいレッスンと正しい練習を行うことで誰もが独立させて動かすことが出来るようになるんです。

そして始めて早いパッセージのある曲でもつぶが揃った美しい音を奏でたり、曲に合わせた音色を自由に自在に変え表現豊かな演奏を出来る基礎ができあがります。

独立をさせる為の教材はいろいろありますが、9月16日のブログでご紹介しました「ハノン」という楽譜は、導入時期は多少違えど比較的はやく使用できます。

また、初心者から上級者まで指の準備体操という意味では一生使える教材という素晴らしさもあります。

ピアニストの方の中には、1ページ目~最後までハノンを弾かれてから演奏曲の練習を始められる方もたくさんいらしゃると伺っています。(お子様たちは、1ページずつ行いますので安心して下さいね。)

独立を促す教材を使う場合どの指にも大事なことですが、特に普段から薬指と小指は意識してゆっくりと大きなしっかりとした芯のある音を出すことを心がけることが、とても大事な事と思います。

昨日のブログで人間の筋肉は、一週間に一度使うと「無くならない」そしてそれ以上使うと「発達する」というお話しをしましたね。

また、9月2日のブログ「幼い頃からピアノを習うことが良い4つの理由」の中で毎日10分の練習と前の日の1時間の練習では、同じ時間でも毎日の練習のほうが上達が早いというお話しをしましたね。

毎日の短い練習が大事なのは、筋肉の発達の意味でも「将来の可能性がたくさん小さなお子様たち」には趣味としてレッスンなさる大人の生徒さんとは違ってとても大事なのです。

それでは、お写真で薬指と小指の動きに大事な部分をお載せますね。

 

この赤く囲まれた部分の筋肉の発達が薬指と小指の独立を早めます。

どこの筋肉も発達には、時間がかかります。

このことをこれからも根気よく、幼い頃よりお子様たちに楽しみながら指導させて頂き、

たくさんの子供達が「ピアノが大好き」

そして、「先生も大好き」

と思って頂けたらこんな幸せなことはありません♪

 

 

 

 

 - ピアノ練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

小さなお子様は、補助台(足台)を使ってピアノを弾く事が大切な理由

小さなお子様は、ピアノの椅子に座って床に足がつかず、 そのままですと当然足はブラ …

テクニックを付ける為のピアノの練習

今日は、幼児のピアノレッスンと切り分けてのお話しをさせて頂きたいと思います。 ま …

ピアノ発表会出演を嫌がる生徒さんへ!

今年の4月から入会下さった姉妹がいらっしゃいます。 お二人ともピアノ経験者! し …

アルペジオをピアノで美しく弾くために

昨年の秋に入会して下さった主婦のYさんは何事に対しても一生懸命。 チャレンジ精神 …

速いパッセージをピアノで美しく弾くために

ピアノを始めて2年あまりのAちゃんは、とても小柄な女の子。  とても頑張り屋さん …

ピアノでクラシック音楽を!

なぜ、ピアノをクラシック音楽から始めると思った事ありませんか? クラシック音楽は …

練習をしない生徒に取り入れたいレッスン

ピアノを習いに入会される生徒さんは、皆さんが初めてと言う方ばかりではありません。 …

子供達がピアノを美しい音で弾く為のレッスン方法!

殆どの幼いお子様は達は、まだ指の力が弱く柔らかい為 鍵盤を指を振り上げて叩いたり …

出来るだけ早く上手に弾けるようになる為のピアノ練習方法

このタイトルをご覧になったと時みなさんの殆どは、 「そんな理由簡単よ~練習をたく …

小さなお子様がピアノのレガート奏法をマスターする為に!

昨年末に入会下さったAYちゃん まだ、レッスン3回目にも関わらず「ピアノドリーム …