座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

私と夫と奇跡のピアノ

      2019/08/20

奇跡のピアノとの出会い!

なんだか カッコいいタイトル〜♫

でも、そのピアノに出会うまでは

奇跡のピアノなんてある訳ない!

なんて

私も思ってたんですよ!

だから、そのピアノに出会うまでとっ〜ても長い時間がかかったんです。

でも、その時間も奇跡に出会う為だつたんだあ〜

なんて 今だから思えるんです。

奇跡 !奇跡!って

うるさい〜

なんて方いらしたらごめんなさい🙏

でも、本当なんですよ〜(*^^*)

嘘ついてませんよ〜(≧∀≦)

これからの長いお話しにお付き合い付き合い頂いて

なんで「奇跡のピアノ」なのか?

少しでも知りたいと思ってくれて聞いてもらえませんか?

実は、私と夫は同級生!

でも、なんで夫が出てくるの?

まあ、そう言わず!

夫の出番がなしではお話しすすまないんで〜

別にノロケ話をする訳じゃありませんので

そこは気にしないで続き聞いて下さい。

夫が同級生じゃなかったら奇跡のピアノに出会えなかつたかも?

なんです。

ですから、奇跡のピアノの話の序章と言う事で!

まあまあ、飽きずに聞いて頂けたら嬉しいです。

私と夫は同級生と言う事で我が家にやってくる友人は音楽関係の友人やらが多い!

そんな訳で更にそこから音楽繋がりが出来て

なんだかんだで我が家に遊びに来てくれる人は殆どがピアノが弾ける!

当然夫も弾けま〜す。

だからこんなエピソードも!

娘は、ピアノを弾けないと大人になれないと真剣に思っていたそうです(笑)

と言うほど私たちのまわりは音楽一色くらいの環境!

でも、夫のように男性で音楽で食べていけるはずもなく生活は大変だったんです。

そして、私ときたら始めて人間ってお米と塩さえあれば何とか行きていけるんだあ〜なんて(笑)

事まで知ることに!

でも、若さはいいてすよね〜

こんな状況でも

悲愴感全くゼロ!

よくこんなポジティブに生きてこられたなんて我ながら自分を褒めてあげてます。

ですから、結婚当初は2DKの古い借家暮らしの超貧乏暮らしから始まりました。

でも、ピアノの無いことは考えられない!

こんな貧乏なのにピアノをローンで購入しちゃいました。

今考えると、お金もないのに不釣り合いにピアノだけが立派な異様な我が家の光景〜(笑)

私も夫もピアノを弾き比べてそのお店で一番良いと思った自慢の国産のピアノでした。

ところが、ところがです。

ほんのちょっとだけ生活にゆとりが出来てメゾネットタイプの2LDKに引っ越した頃です。

世界三大ピアノと言われるドイツのベヒシュタイン社で勉強してきたM氏に久しぶりに会えて

ベヒシュタイン社の日本代理店を知る事に!

たまたま、M氏に誘われて夫が代理店に行きました!

M氏に勧められてベヒシュタイン社のピアノを弾かせてもらったそうです。

そして、夫は今まで聴いた事のない音色に大感動!

私に相談もなしに即購入をその場で決めて帰って来たのです。

「凄〜くいいピアノで感動したから買ってきたよ〜」なんて

お土産のスイーツを買って来たみたいに

軽い〜感じで

気分ルンルンで帰って来ました。

家に既に国産ですが、私と夫で気に入って買ったピアノがありますからね〜

私としては必要ない〜

と当然思った訳です。

ですから、ここから我が家の一大事!

なんで相談なしなの?

夫との大バトルが始まりました。

だって

だってですよ〜

値段を聞いたら

な〜んと

ええ〜ですよ!

開いた口がふさがらないほどびっくり‼️

国産のグランドピアノ2台買える程の金額!

夫のきまぐれに、いつも振り回されている私もさすがに

大激怒!

なのに夫ときたら聞く耳持たず!

いいから 〜いいから〜なんて

私の気も知らず相変わらず呑気に構えちゃってるんですから!

わたしの不機嫌さなんて全く無視!

ついに私の激怒は、極限まで達しちゃう事に!

もう 嫌〜(≧∀≦)

結婚してからこんなに夫に激怒した事は始めてでした。

数日経つてついにピアノが届きました。

夫が

「とにかく弾いてごらん!」と言うので

渋々弾いてみる事に!

すると

凄い〜.

この音何?

衝撃〜

私は、激怒していた事などすっかり忘れて

奇跡のピアノの虜に一瞬でなつてしまったのです。

特に高音部のクリスタルのようなキラキラした音!

弾き方によってくるくる変わる美しい音色!

鍵盤の速い反応!

でも、ちょっと手を抜くと分かりやすく

「こう弾いて下さい」

まるでピアノか喋って教えてくれるようなんです。

もう びっくりとしか言いようがない!

わあ〜

凄〜い

実は、このピアノが今クラビアートピアノ教室にある「ザウター」なんです。

でも、こうお話すると

「ピアノ講師が弾くんじゃ当たり前でしょ!」

なんて思う方がいらつしやつても当たり前ですかね?

言葉だけでは音の話なんてわからないですものね!

だから

いつも悲しい〜😭

と思っちゃうんです。

私が小学生の頃レコード(今で言うCD)で聴く綺麗な音を真似してみたくて自分のピアノで色々試してみた事がありました。

でも、どうしてもその音が出せないよ〜

なんで? なんで?

でも、素晴らしいピアニストだからなんだと思う事にして自分を無理やり納得させていました。

 

もちろん、専門的に音楽を勉強する事になつてから世界三大ピアノのある事を知る事とはなりましたが!

だから、音の美しさは、良いピアノで弾かなければ限界がある事も知りました。

そして、素晴らしいピアノの殆どは弾き手のテクニックがあってこそ

その素晴らしさを発揮出来るものだけと思っていました。

ですから、「ザウター」の出会いは、衝撃的!

ピアノ初心者にもしっかりわかりやすくピアノ自身が教えてくれるのです。

実際、過去〜現在までのこども達の全員が

「ザウター」でレッスンすると

「ああ〜小さい音だそうとしたら音でなくなつちやつた〜」

「大きな音だしたら綺麗じゃないよ〜」

なんて

み〜んな しっかり気がついてくれます。

そして、

「このピアノちょっと怖いよ!」

「でも、ちゃんと弾くと凄く綺麗な音になつたよ〜」

「綺麗な音って気持ちいいね〜」

なんて小学生低学年のこども達とも

こんな風に会話も出来るようになるんです。

そして、更にすご~いのが、このピアノで綺麗に弾けるようになるとどんなピアノでも綺麗に弾けるようになるんです。

驚きでしょう?

ピアノの音の違いなんて分かるのは上級者だけなんて思っていた方へ!

ぜひお伝えしたいです。

「ザウター」だつたら

ちょっと弾いただけで誰でもわかるんです。

何度も言います。

嘘ついてないんですよ〜

こども達の為にも、私自身の為にも

このピアノに出会えた事が奇跡だと思います。

だから 大袈裟じやなくて!

自信を持って

ベヒシュタイン社の「ザウター」は奇跡のピアノ!

私は言います!

 

そうそう  ここからは、余談になりますので気になる方だけお読みくださいね!

以前私のホームページを見つけて、

東京在住のピアノ愛好家の方より「ザウター」を弾かせ欲しいと問い合わせがありました。

スタウエインなど数々の素晴らしいピアノを弾き歩いてきたそうです。

ただ、ザウターの音に魅了されているのにザウターだけが何処を探しても弾く場所がなかったとの事でした。

ザウターの素晴らしさを知っている方がいて大変嬉しかったのですが、「ここはピアノ教室で練習スタジオではありませので、申し訳ありません。」と丁重にお断りしました。

そして私の心当たりのある場所を紹介させて頂きましたが、既にそこにも問い合わせ済みとの事!

その方には、今でもゴメンなさいです。

クラビアートピアノ教室 講師 田原礼子

 - ピアノにまつわるお話し

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

学友M氏にピアノの調律して頂くと色々勉強になります。

半年ぶりにピアノを調律して頂きました~♥ 腕の良いM氏の調律はいつも仕上がりが素 …

アップライトピアノの可能性を探るコンサート!その2

9月1日汐留ベヒシュタイン社で行われた タイトル 「アップライトピアノの可能性〜 …

ドビュッシー作曲「月の光」

今宵は十五夜    お天気が心配でしたが、座間市でも嬉しい事に今まさに夜空に美し …

ピアノの構造と美しい音色との関係

グランドピアノというと美しくスタイリッシュなフォルムと白と黒の鍵盤を想い浮かびま …

アップライトピアノの可能性を探る為のコンサート!その1

9月1日ベヒシュタイン.サロンで 「アップライトピアノの可能性〜昔のピアノから未 …

ピアノでクラシック音楽を!

なぜ、ピアノをクラシック音楽から始めると思った事ありませんか? クラシック音楽は …

ピアノと暗譜

暗譜とは楽譜を見ないで演奏する事です。 クラビアートピアノ教室のホームページの中 …

大作曲家達が抱えた病気から思うこと!

そろそろお盆ですね! と言う事で亡くなられた大作曲家達 の病気のお話しも許される …

no image
ピアノと勉強の両立ができる方法を教えます。

ピアノと勉強の両立について考えてみませんか?   突然ですが、ピアノを …

たまには、ピアノ作曲家の面白話はいかがですか?

リストのピアノ演奏会に訪れたブラームスのお話しです。 ピアノ演奏は、もちろんピア …