座間市周辺でピアノを習うならグランドピアノで楽しくレッスンできるクラビアートピアノ教室へ。

クラビアートピアノ教室@座間市

もっと美しくピアノの音をだす6つの方法を教えます。

      2015/12/30

~前書き~

ピアノは誰でも気軽に楽しめる素晴らしい楽器

「ピアノの音は素敵だな」「弾いてみたいなあ」と憧れがあっても、なんだか近寄りがたいし無理と思っている方、結構いらっしゃるのでは?

でも習い始めてみるとピアノは思っていたより全然そんな事ではなかったと気づかれる方も多いのですよ!

なぜなら、他にも色々と楽器はありますが、まず音を出すことだけでも難しい楽器がたくさんあります。

其の点ピアノは、誰にでも鍵盤に触れれば音がでます。

IMG_0489.JPG ピアノは近寄りがたい楽器ではなく、むしろたくさんの楽器の中でも、誰でも気軽に始められ、楽しめる素晴らしい楽器です。

ですから、ピアノを弾く事を憧れだけで終わらせず、実際にご自身で弾きこなし、楽しまれる方が一人でも多く増えて頂けたら嬉しいですね。

美しい音でピアノを弾きたいと思う方ほど綺麗な演奏が出来ます。

ピアノを弾きたいと思う時点でもう、美しい音に魅了されていませんか?

ですから、美しい音でピアノを弾きたいと思われる時点で、あなたはもう綺麗な音を聞き分ける力を持っている事になります。

そのような方に、また現在既にピアノを習われている方に、美しい音を奏でるポイントをお教えします。

~美しい音を奏でる6つポイント~

レッスンを受けるときは、ちょっと緊張してしまう方って多いのでは?

ですから、つい力が入って演奏してしまいがちです。

1:、無駄な場所に力を入れない事。。

言葉では一見簡単なようですが意外とこの事が難しいのですよ。

この大切な事を常に忘れないでレッスンや練習を行って見て下さい。

2:指を鍵盤から離して振り下ろして音を出してはいけません。(音がわれてしまい、きたない音しか出ません。)

ピアノは鍵盤を叩いて音をだす楽器と言われますが、この「叩く」という動かし方を間違えてしまうと美しい音はでません。

3:指を鍵盤に置いたまま鍵盤の底を感じ、それ以上は下に行くことは無理ですが意識の中で鍵盤の底より更に下にと思いながら叩きます。

4:指先は、決して反らせてはいけません。そして指先を立てると言われて爪の部分で弾くことも違い、正しい指先の場所をまず知ることです。

5:手の甲の関節は全て上に出し、決してへこませてはいけません。

6:親指の付け根の関節も上記と同様へこまさずに出すことが大事です。

そうすると音が美しく聴こえてきます。

ピアノを美しい音色で奏でられることをお望みの方に少しでもお役に立てればとても嬉しく思います。

クラビアートピアノ教室  講師   田原礼子

 

 

 

 

 

 

 - ピアノ練習方法

Comment

  1. SAUTER より:

    初めまして
    日本でSAUTER所持してる人はいるのか検索したらこちらのブログにたどりつきました
    私も小さい頃から こんな素敵な音色(ベヒシュタイン)で弾いていたら人生変わったかもと
    人生半分過ぎ 最後ぐらい いい音をと
    SAUTERでまたピアノ復活しました
    昔若い頃よりも
    今の方がピアノ弾くことが好きです
    長文失礼しました
    初代ピアノは20年持ちませんでした

    • claviart より:

      明けましておめでとうございます。
      御返事遅くなり申し訳ありません。
      私こそザウターの良さをご存知の方に出会えて本当に嬉しいです。
      コメントありがとうございました。
      初代のピアノが20年しかもたなかったとのことですが、かなり弾き込んでいらっしゃたのですね。
      ピアノの演奏もかなりお上手とお察しいたします。
      これからの人生をザウターと共にたくさん楽しんで頂きたいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ピアノで幼児期に絶対音感をつけるとメリットがいっぱい!

絶対音感とは、聞こえてきた音を(私達日本人が「あいうえお」を聞くのと同じくらい自 …

ピアノの音色作りが出来るようになると更に楽しい!

ピアノを習い始めたばかりの頃は誰でも、音符がスラスラ読めて両手で弾けるようになれ …

no image
音符をスラスラ読めるようになる為に!

音符がスラスラ読める子と読めない子の違いと原因について考えてみましょう。! 私が …

ブラインドタッチを習得すると、どんどんピアノが上達します。

「ブラインドタッチ」とは、楽譜を目で追いながら鍵盤を見ないで弾く事です。 ピアノ …

ピアノでスタッカートを上手に弾くコツを教えます。

皆さんの殆どの方は、スタッカートとは、「音を切る」という意味で教わって来たと思い …

ピアノが上手になる近道は正しい指使いも大切です!

7月に入会下さったTさんは、イケメンの社会人の男性! Tさんご自身の弾きたい曲を …

ピアノの指の動きについて

指には、親指、人差し指、中指、薬指、小指、と5本の指がありますね。 ところでピア …

ピアノのトリルについて

ピアノの楽譜には「トリルと装飾音」を違った記号で区別して書かれていますが、実は「 …

アルペジオをピアノで美しく弾くために

昨年の秋に入会して下さった主婦のYさんは何事に対しても一生懸命。 チャレンジ精神 …

ピアノ演奏の為の靴選びが大事な理由

今日は娘の演奏会用の靴を購入の為久しぶりに親子水入らずでお買い物をしてきました。 …